CNBLUE、シンガポールコンサートを盛況裏に終了…カリスマ性溢れるステージに“絶賛の声”

CNBLUE、シンガポールコンサートを盛況裏に終了…カリスマ性溢れるステージに“絶賛の声”
写真=FNCエンターテインメント

CNBLUEが豊かで華やかなバンドサウンドを披露し、シンガポールでのコンサートを盛況裏に終了した。

CNBLUEは13日、シンガポール・インドア・スタジアム(Singapore Indoor Stadium) でライブツアー「COME TOGETHER」を開催した。約2時間半の間に「シンデレラ(Cinderella)」「かくれんぼ(Hide and Seek)」「Domino」など、計21曲を披露し、シンガポールのファンと共にバレンタインデー前夜を熱く盛り上げた。

英語はもちろん、現地で使われているホキエン語で公演を進行し、観客たちを配慮したコミュニケーション型ライブで、ファンから大きな反響を得た。客席を埋め尽くしたファンは、CNBLUEの2ndフルアルバム「シンデレラ(Cinderella)」のコンセプトに合わせて王冠をかぶったり、アンコール曲を歌う中、LED風船で公演会場を照らすなど、情熱的な姿でCNBLUEのステージに応えた。

「The Straits Times」など、現地の有名メディアたちは「CNBLUEは公演で、カリスマ性と面白さの2つを手に入れた」とし、「不必要なことは排除したシンプルなステージだったが、戦慄を感じた」と現場の熱気を伝えた。特に「ギター、キーボード、シンセサイザーなど、色々な楽器を演奏しながらステージを走り回ったリーダージョン・ヨンファは、変奏はもちろん英語とホキエン語で歌い、ミュージシャンとしての威厳を見せた」と絶賛を惜しまなかった。

特に、公演後にはジョン・ヨンファがシンガポールのTwitterでトレンドワードになるなど、グローバルな人気を証明した。

CNBLUEは19日と20日は台北、3月12日は南京、19日は重慶、26日は杭州でアジアツアー「COME TOGHETER」の熱気を続けていく。

記者 : イ・ウノ、写真:FNCエンターテインメント、翻訳:チェ・ユンジョン