「リメンバー」ユ・スンホ&パク・ミニョンら、放送終了を控えて感想を語る“愛してくれてありがとうございます”

「リメンバー」ユ・スンホ&パク・ミニョンら、放送終了を控えて感想を語る“愛してくれてありがとうございます”写真=ロゴスフィルム

最終回の第20話の放送を控えているSBS「リメンバー-息子の戦争」のユ・スンホ、パク・ミニョン、パク・ソンウン、ナムグン・ミンが4人4色の放送終了の感想を通じて視聴者に感謝の気持ちを伝えた。

SBS水木ドラマ「リメンバー-息子の戦争(以下「リメンバー」)」(脚本:ユン・ヒョンホ、演出:イ・チャンミン)はこれまで天才脚本家ユン・ヒョンホの筆力と出演俳優たちの熱演、スピーディな展開と感覚的な演出で毎回話題を集めて水木ドラマの視聴率1位の名声をキープした。

「リメンバー」は18日(本日)、待望の第20話の最終回の放送を控えている。最終回の放送を控えてユ・スンホ(ソ・ジヌ)、パク・ミニョン(イ・イナ)、パク・ソンウン(パク・ドンホ)、ナムグン・ミン(ナム・ギュマン)をはじめ、イ・シオン(アン・スボム)、キム・ヒョンボム(ソン・ジェイク)、イ・ジョンウン(ヨン・ボミ)、キム・ジフン(ピョン・サンホ)など主演や助演俳優たちが台本を手に持った記念写真を通じて感謝の挨拶と温かい雰囲気を伝えている。特にユ・スンホ、パク・ミニョン、パク・ソンウン、ナムグン・ミンは放送終了の感想を残して昨年11月の初撮影以来、約3ヶ月続いた撮影の感慨を伝えて注目を集めている。

何よりも高校生から弁護士、アルツハイマー患者まで幅広い演技を見せながら話題を集めたユ・スンホは「寒い天気のため、俳優やスタッフがとても苦労したが、視聴者の皆さんが愛してくれて大きな力になった。感謝する。ジヌと一緒に過ごした時間は長い間記憶に残ると思う」と感想を伝え、ドラマの余韻を大切にした。

続いて、ドラマに明るく堂々としたエネルギーを与えてくれたパク・ミニョンは「良い監督、脚本家、俳優の皆さん、そしてすべてのスタッフたちと撮影初日から最終日までいつも変わりなく愉快な撮影ができて楽しかった。イナとして過ごした数ヶ月、笑ったり、泣いたり、心配した日々は幸せな思い出として刻みたい。最後に『リメンバー』を愛して記憶してくれた視聴者の皆さんに感謝します」というしっかりした感想を伝えた。

重みのある演技でドラマを引っ張ってきたパク・ソンウンは「“パク・ドンホ”という魅力的なキャラクターを通じて様々な姿を見せることができて幸せだった。寒い中、撮影するために俳優やスタッフの皆さんが苦労したが、撮影現場の雰囲気がとてもよくて一緒に楽しく撮影した。また、視聴者の皆さんにたくさん愛されてとても嬉しかった。作品を始める時に申し上げたようにずっと記憶され続けるドラマになってほしい」と明らかにした。

特に、優れた演技でむしろ好感を買った悪役の主人公ナムグン・ミンは「長いドラマであったにもかかわらず、楽しく撮影したため時間が早く過ぎた気がする。ギュマンを憎んで、またその分愛してくれていることを感じた。視聴者たちのそんな関心が力になって憎まれながらも熱心に頑張ることができた。次回、また良いキャラクターで挨拶したい。感謝する。愛してます、皆さん」と話し、自身の優しい姿に戻って感想を残した。

これとともに、ユン・ヒョンホ脚本家は第20話の台本の最後のページに「今まで頑張ってくれたスタッフ、俳優の皆さんに心から感謝します」と挨拶を伝え、俳優とスタッフたちは全員の記念写真を通じて「リメンバー」の思い出を残した。

ロゴスフィルム側は「寒い天気とタイトなスケジュールでハードな撮影になりかねなかったが、俳優とスタッフたちが温かいチームワークですべてを乗り越えて良い作品を完成してくれた。力になってくれた視聴者の皆さんに本当に感謝する。最終回では“ヒューマン法廷メロドラマ”という複合ジャンルの最高点をお見せするという覚悟で最後まで努力した。感動に満ちたジヌとイナのエンディングにも期待してほしい」と伝えた。

「リメンバー」の最終回は韓国で18日午後10時に放送される。

記者 : イ・ウンジン、翻訳 : ナ・ウンジョン