VIXX ラビ、初のソロ公演でBasickら実力派アーティストと共演…豪華コラボレーションに期待集まる

VIXX ラビ、初のソロ公演でBasickら実力派アーティストと共演…豪華コラボレーションに期待集まる写真=公演ポスター

グループVIXXのラビが単独コンサートを開催する。

ラビは3月19日と20日の2日間、2回にわたってソウル龍山(ヨンサン)区漢南洞(ハンナムドン)現代カードのアンダーステージで単独コンサートを開催してファンと会う。今回のコンサートにはラビの他に、「SHOW ME THE MONEY 4」の優勝者Basick、R&BボーカリストのESBEE、実力派DJデュオのSAM&SP3CKが出演する予定だ。

2015年、「SHOW ME THE MONEY」と「UNPRETTY RAP STAR」の出演陣で構成された「現代カードcurated<Two for the show>」に続き、ヒップホップ&EDMシーンで浮上している潜在力のある実力派新人を選別して構成した2回目の公演だ。ラビの新規ミックステープのタイトルで、“新しい誕生”という意味を盛り込んだ「R.EBIRTH」をメインテーマにしている。

ラビは今までVIXXのラッパーとして活躍するとともに、VIXXのアルバムや公演を通じて数曲の自作曲を発表して、音楽的な経験を着実に積み上げてきた。特に、グループ内の初のユニットであるVIXX LRを通じては作詞と作曲はもちろん、アルバムのプロデュースまで全般的な制作過程に参加し、自分だけの音楽的なカラーを盛り込んだ。そのため、今回の初公演を通じて見せてくれるラビの新しい姿に音楽ファンの期待が高い。

ゲストとして参加する予定のBasickは「SHOW ME THE MONEY 4」で審査委員たちの絶賛を受けて優勝を手に入れ、マスコミや大衆に再び注目を浴びている実力派ラッパーだ。また、ESBEEはBUMKEY、フィソンなどの曲を作曲してすでにプロデューサーの間では天才アーティストと認められているR&Bボーカリストだ。DJデュオSAM&SP3CKは高校時代からブラジルのメジャークラブでキャリアを始め、多くのヨーロッパのクラブでDJを務めるなどEDMシーンで注目されている。

ラビは3月12日、フルバージョンのミックステープを発売する予定で、先月「WHERE SHOULD I GO」を皮切りに、今まで4曲を順次先行公開した。ラビは今回の公演を通じて初めてステージを披露する計画だ。

記者 : キム・ハジン、翻訳 : ナ・ウンジョン