SHINee テミン、初のフルアルバムが好調…努力と苦労を詰め込んだ

SHINee テミン、初のフルアルバムが好調…努力と苦労を詰め込んだ写真=チョ・スルギ

SHINeeのテミンがアイドルのソロの歴史を新しく書いている。

テミンは2月23日にリリースした自身初のフルアルバム「Press It」が音楽番組チャートで1位を総なめにしている。SBS MTV「THE SHOW」シーズン5、MBC MUSIC「SHOW CHAMPION」、Mnet「M COUNTDOWN」での1位に続き、HANTEOチャート、シンナラレコードなど、韓国のレコード売上げ集計サイトの週間ランキングでも1位を獲得した。アメリカのビルボードチャートのワールドアルバムチャートでも2位にランクインするなど、韓国内外で好評を得ている。

今回のアルバムは、テミンがタイトル曲「Press Your Number」と収録曲「Soldier」などの作曲を手がけ、テミンだけのカラーを盛り込もうと努めた。SHINeeのダンシングマシーンとしてデビューしたテミンは、今ではもう立派な“ソロアーティスト”として遜色のないほど3分を満たしたステージを作り上げた。それだけテミンの努力と苦労が詰め込まれたアルバムだ。テミンは最近、10asiaとの取材に1位を獲得した感想を伝え、共にアルバム作業をしたスタッフへ感謝の気持ちを伝えた。

「まず初めにスタッフに感謝しています。1年半の間、このアルバムを作業しながら僕が皆を急かしました。より良い音楽を作ってほしい、ここは気に入らない、この編曲の方が良いなど、スタッフの方々が僕の意見をあれこれと受け入れてくださりました。苦労して作り上げたアルバムでした。スタッフとの摩擦も多かったけど、仲直りしながら固い絆を築き、結果的に素晴らしいアルバムがリリースされました。また、多くの方々が愛してくださり、やりがいを感じています。何よりもっと頑張らなければならないと思いました。僕だけの音楽カラーをより明確にしなければならないと思いました。今回のアルバムが完璧なアルバムと言うよりは、このアルバムを土台にしてさらに成長できるテミンになりたいです」

テミンは2014年8月にリリースした自身初のソロアルバムのタイトル曲「怪盗(Danger)」でマイケル・ジャクソンを連想させるパフォーマンスを披露し、自身の夢を叶えた。幼い頃から尊敬していたロールモデルを自身に投影し、テミンだけのスタイルに進化させた。今回も収録曲「Guess Who」のようにテミンが見せるマイケル・ジャクソンのスタイルがアルバムに盛り込まれている。

「マイケル・ジャクソンは僕が何かを表現する時に学ぶ点が多い方です。見習う点も多いし、『Guess Who』という曲に一番にじみ出ています。他の曲はマイケル・ジャクソンとは異なる僕だけのカラーで作ってみました」

テミンだけのカラーを見つけるための道は、今でも進行形だ。テミンは「芸能人というのは、最近ではイケメンで歌も上手で実力派が多いので、今はアイデンティティの時代になりました」とし、「僕だけのカラーを見つけて僕の得意なことは何なのかを考えました。最初はマイケル・ジャクソンを尊敬して彼の後を追っていたならば、今は自分だけのカラーを作り上げる段階になりました」と話した。ならば、テミンだけの音楽カラーは何だろう?

「とりあえずステージをぎっしり埋め尽くしたいです。ただ立っているだけでもそのステージに没頭していると、ぎっしり詰まっているように見えると思います。そのように一つのステージを引っ張っていく没入度の高い、歌手ではないアーティストになりたいです」

記者 : パク・スジョン、翻訳 : チェ・ユンジョン