B1A4 サンドゥル、感受性豊かな青年の歌唱力 ― ソロ歌手として期待されるアイドル Vol.1

写真=KBS 2TV「不朽の名曲」放送画面キャプチャー

アイドルグループのメンバーがソロアルバムをリリースするには一定の実力が必要だ。1人で3分以上ステージを満たすことができる舞台掌握力、サビやクライマックスも歌いこなせる歌唱力、1人でもファンと大衆を説得させられる人気や認知度など、様々な要素を備えなければならない。多くのアイドルグループのメンバーたちがソロアルバムをリリースしているが、今もまだ音楽的な潜在能力を秘めている将来有望なソロ歌手候補たちも多い。ソロ活動が期待できるメンバーに注目してみた。

B1A4 サンドゥル

2011年にデビューしたB1A4は、2013年「イゲ ムスン イリヤ~What‘s Happening」を皮切りに、曲を出すたびに音楽番組で1位のトロフィーを手に入れてきたトップクラスのボーイズグループだ。リーダージニョンがプロデュースの実力を誇り、ラッパーとしてバロがラップメイキングを担当している。その中でメインボーカルのサンドゥルの真価は歌で輝いている。

ソロとしての魅力

サンドゥルはメインボーカルとして優れた歌唱力を持っていながらも、バラエティ番組など多方面で活躍しているメンバーだ。これまで多様なバラエティ音楽番組で自分だけの歌声を知らせてきた。その中でも一番インパクトが強かったのは、MBC「僕らの日曜の夜-覆面歌王」だ。“花咲く鳥骨鶏”の覆面をかぶったサンドゥルが、iziの「応急室」とイム・ジェボムの「烙印」を歌い、感受性豊かなボーカルとして自分の魅力を存分に表現した。サンドゥルは美声と濁声が混じったしっかりとした歌声に、真心を込めている。目を閉じて歌っているサンドゥルの姿は、全身でどっしりとした感情を歌う。本物の歌手の姿だ。

ミュージカル「ALL SHOOK UP」「シンデレラ」などを経て、表現力もさらに磨いた。もう、実力について言及する必要はない。一人でバラエティ番組に出演するのも問題ない。「覆面歌王」のレギュラーをはじめ、各種バラエティ番組で見せた多様なリアクションとセンス溢れるバラエティセンスが、サンドゥルの中身にも関心を集める要素となった。サンドゥルはB1A4で構築したファン層に加え、「覆面歌王」で大衆的な認知度まで高めた。実力、人気、認知度まですべて備えたため、サンドゥルのソロ活動が成功する可能性は高いだろう。

絶賛の声

―「『覆面歌王』でサンドゥルを再発見した。本当に歌が上手い。生まれながらの歌手だ(キム・ヒョンソク Twitterより)

―「アイドルグループの中で歌が上手なメンバーはたくさんいるが、そのアイドルの中でも3本の指に入る実力者だ」(キム・ヨヌ、MBC「覆面歌王」にて)

―「B1A4 サンドゥルの歌声は本当に素晴らしい。本当に歌が上手い。それに本当に優しい」(ユン・イルサン、SBSパワーFM「キム・チャンリョルのオールドスクール」にて)

―それぞれ違う個性で歌うボーカルが多いが、僕が重要視していることは心で歌う人だ。サンドゥルさんは若い歌手にもかかわらず、心で歌っていた」(JYJ ジュンス、あるメディアのインタビューにて)

―「歌手キム・グァンソクさんの感性がある」(Ali、KBS「不朽の名曲」にて)

オススメ鑑賞リスト

1.サンドゥル「片思い」―B1A4の1stアルバム収録曲
2.サンドゥル「痛くて」―SBS「神様がくれた14日間」のOST
3.サンドゥル「応急室」―MBC「覆面歌王」
4.サンドゥル「コスモスが咲いている道」― KBS 2TV「不朽の名曲-伝説を歌う」

記者 : パク・スジョン、写真 : KBS 2TV「不朽の名曲-伝説を歌う」画面キャプチャー、翻訳 : チェ・ユンジョン