JYJ ジュンス、東京でバラードコンサートを開催「ファンの皆さん、いつも本当に素敵です」

JYJ ジュンスが日本で特別な春の音楽会を開いた。

31日、C-JeSエンターテインメントは「ジュンスが30日に続いて31日まで、東京国際フォーラムホールAで日本バラードスプリングコンサート『2016 XIA THE BEST BALLAD SPRING TOUR CONCERT vol.2 in JAPAN』を開き、1万5千人のファンと会う」と伝えた。

ジュンスは今回の公演で、2015年に出演したミュージカル「デスノート」の主なステージをコンサートに合わせて再編成した。ミュージカル「デスノート」は、日本で大きな人気を得た漫画で、ジュンスが扮した「L」がステージに登場すると、熱い歓声と歓呼を呼んだ。

公演関係者は「日本で大きな人気を呼んだキャラクターなので、『L』のステージに爆発的な反応があった。特に、ジュンスの優れた表現力や細かい演技で、まるでミュージカルを直接見ているような完成度の高いガラ・ショーに反応が熱かった。現在関係者も、彼の溢れるエネルギーとステージに驚きながら、彼のミュージカル界の地位を再確認するきっかけとなった」と明かした。

ジュンスは日本ツアーを迎え、福山雅治の「誕生日には真白な百合を」と、DEEPの「君じゃない誰かなんて~Tejina~」など、日本のバラード曲を披露した。

また、ジュンスのパフォーマンスもスペシャルだった。30人のオーケストラと共にライブを披露する今回のツアーで、ジュンスは毎回指揮者に変身し、サプライズパフォーマンスを見せる一方、客席に直接降りていき、観客とのハイタッチをしながらファンサービスを行った。

会場を訪れたまりさんは、「ジュンスのサプライズには、いつも驚かされる。日本のツアーがある時は、J-POPバラード曲を直接披露しながら、叙情的な歌詞やジュンスの音色が合わさり、春の日の大きなプレゼントをもらった気持ちだ。公演が終わってから家に帰る道でも余韻がずっと残り、お陰で幸せを感じていれそう」と語った。

ジュンスは「ファンの皆さん、いつも本当に素敵です。ありがとうございます。皆さんの存在が僕にとって本当に大きな力となり、今日の公演を通してとてもありがたいと思いました! 本当にファンの皆さん、美しいです」と述べた。

写真=AOMG

記者 : パク・スジョン、翻訳 : 前田康代