GOT7「FLY」音楽番組のカメラワークを徹底比較分析

写真=JYPエンターテインメント

GOT7はステージを見たときに真価が現れるグループである。新曲を出すたびに様々なコンセプトに挑みながらも、難度の高いパフォーマンスやカル群舞(体を曲げる角度から指先まで、完璧な刃物のように合わせるダンス)で自分たちの強みを確実に見せてくれた。新アルバムのタイトル曲「FLY」でもGOT7のパフォーマンスの魅力は相変わらずだった。曲名にちなんだ“フライダンス”をはじめ、“ハンドルダンス”“リングキスダンス”などのポイントダンスで雰囲気を生かし、華やかな移動、キレのある群舞がGOT7パフォーマンスの特徴を生かした。所々で目にすることができるメンバーたちの笑顔と余裕のある表情は、ぐんと成長した美青年のビジュアルである。

Mnet「M COUNTDOWN」:ポイント部分を映してください

カメラワーク:★★★
コンサート効果:★★★☆
1分6秒、JBの笑顔:★★★★

「M COUNTDOWN」の円形ステージで華やかさが増した。ハイアングルを積極的に活用し、GOT7の応援ボードを持っているファンをバックにコンサートの張り出し舞台(客席に向かって突き出ている舞台)でステージを繰り広げるような効果を演出した。しかし、カメラワークはやや残念だった。1節目のJBのパートでJBの動作に応じて広がるGOT7の隊形をマークのクローズアップで処理した。後半のユギョムの「オオオオ」のパートでユギョムの手の動作に合わせて順番に動くメンバーの動きにもしっかりついていくことができなかった。ヨンジェのパートでJr.をアップで映したりもした。カメラワークに応じて効果が変わるGOT7の群舞の特徴を把握していなかった。

KBS 2TV「ミュージックバンク」:もう一つのミュージックビデオ

カメラワーク:★★★★☆
ハイアングルの適性:★★★★
Jimmy Jib特殊カメラの反抗:★★★☆

「ミュージックバンク」は導入部からインパクトを与えた。JBの華やかなビジュアルをクローズアップして目を引き、メンバーごとのクローズアップを素早いタイミングで切り替えてリズム感を生かした。ジャクソンの導入部分をダイナミックに映し出しながら、俯瞰ショットとフルショットでパフォーマンスの効果を生かした。ダイナミックな画面とフルショットを交えるカメラワークが続き、「FLY」の魅力を盛り込んだ。飛行機の滑走路を模したような縦に長い舞台セットからLEDスクリーンまで申し分なかった。時折、Jimmy Jib特殊カメラのアングルが飛んだりする場面もあったが、希少性のある魅力的なステージだった。

MBC「ショー 音楽中心」:みんなで一緒に「FLY」

カメラワーク:★★★☆
2分48秒、アメリカダンス:★★★★
フライングカメラ:★★★☆

「ショー 音楽中心」でのGOT7の姿は、まるで春と秋を混ぜたような青春ビジュアルを誇った。笑顔を浮かべて歌を歌うGOT7の表情ともよく合い、目の保養となるステージを作り上げた。カメラワークの場合、ポイントは逃さないように見えたが、歌の雰囲気に合わせて動くカメラの慌ただしさが物足りなさを残した。2節目でユギョムが歌う「ハートを熱くするよ」のフレーズで踊りに出たときにカメラを一緒に振ってみたり、サビ部分の「フライ」ではカメラが実際に宙に浮いたりした。

SBS「人気歌謡」:カメラワークの多様性

カメラワーク:★★★☆
48秒、Jr.の遠い表情:★★★☆
ヨンジェを映して、お願い!:★★★

「人気歌謡」は「M COUNTDOWN」と似たような舞台構成だったが、まるで巨大なプロペラの上でステージが繰り広げるような荒々しい魅力を表現した。観客の視点から表現したアングルやドローンカメラを使った遠くからの映像で「人気歌謡」の特徴を作り出した。手の動きをキャッチする繊細さも目立った。唯一、ユギョムの時計ダンスをキャッチした番組だ。しかしヨンジェのクローズアップを一度も映さなかったことと、一部のハイアングルショットで照明が暗く、きれいに映らなかった点が玉に傷となった。

記者 : パク・スジョン、翻訳 : 前田康代