東方神起 ユンホからイ・ミンホまで…人気女優の豪華すぎる“5人の息子”が話題に

写真=SBS

女優キム・ソンリョンの劇中での息子たちが話題を集めている。

キム・ソンリョンは現在、SBS週末ドラマ「ミセスカップ2」でコ・ユンジョン役を熱演している。先月27日の放送では、教育について先生と深い会話を交わし、ミンジェ(イ・ヒョジェ)とビリヤードをしながら友達のような姿を見せて注目を浴びた。

その後イ・ヒョジェが映画「王の運命-歴史を変えた八日間-」にソ・ジソブの息子役で出演した事実が知られ、これまで劇中でキム・ソンリョンの息子役を演じた役者にスポットライトが当たった。

まずキム・ソンリョンは、最近SBS「テバク」でお茶の間を賑わせているチャン・グンソクと縁がある。二人は2009年SBSドラマ「美男<イケメン>ですね」で母子役を演じた。

その一年前の2008年、「一枝梅(イルジメ)」では主人公イ・ギョム(イ・ジュンギ)を誠心誠意育てた養母役を演じ、2013年には「野王~愛と欲望の果て~」を通じてベク・ドフン(東方神起 ユンホ)の隠された母親として登場し、切ない母性愛を描いた。

キム・ソンリョンはまた「相続者たち」でキム・タン(イ・ミンホ)の母親として人気を得た。2014年の映画「王の涙 -イ・サンの決断-」では貞純王后(ハン・ジミン)に対抗して息子の正祖を守るために命を懸けた強い母親の恵慶宮洪氏を演じた。この時の息子の正祖がヒョンビンだった。

SBSドラマ関係者は「キム・ソンリョンは今回の『ミセスカップ2』を含め、作品に出演するたびに唯一無二の確かな演技力を見せている。特にそうそうたるトップスターの母親役を演じ、『息子アベンジャーズ』を完成させた。それ故にキム・ソンリョンの息子役を担当するのは果たしてどんな俳優なのかが大きな関心となる」と伝えた。

記者 : キム・ハジン、翻訳 : 前田康代