ヒョンビン、映画「クン」の出演オファーを受けて“検討中”

俳優ヒョンビンが映画「クン」(仮題)への出演を検討中だ。

ヒョンビンの所属事務所VAST側は11日「映画『クン』(仮題)の台本が入ってきて、検討中であるのは確かだ。しかしまだ決まっていることはない」と明らかにした。

これに先立ちあるメディアはヒョンビンがイ・ジュニク監督の助監督出身である、チャン・チャンウォン監督の映画「クン」(仮題)出演を決定し、詳細事項を調整中であると報道した。

「クン」(仮題)は希代の詐欺師と共に検事の父を亡くした男が復讐のために詐欺を繰り広げるというストーリーでSHOWBOXが投資、配給する。

ヒョンビンは現在JKフィルムの映画「共助」(仮題)の撮影中である。映画「共助」(仮題)は南北間の極秘協力捜査という、緊張感あふれるストーリーを描いた映画であり、ヒョンビンは映画の中で、韓国に派遣された特殊精鋭部隊出身の北朝鮮の刑事役を演じる。

記者 : チョン・シウ、写真 : チョ・スルギ