Apink チョン・ウンジ、ファンに差し入れ「ご飯を抜いたら叱られる」

写真=Plan A Entertainment

Apinkのチョン・ウンジが“ファンバラギ(ファンだけを思い、見つめること)”になった。

チョン・ウンジは21日、Mnet「M COUNTDOWN」でソロデビューステージを披露した。同日、チョン・ウンジは事前収録現場を訪れたファンに“逆朝貢(ファンに貢ぐこと)”をして注目を浴びた。

「M COUNTDOWN」の事前収録を終えたチョン・ウンジは、100人余りのファンたちにサンドイッチや飲み物などを用意し、“ファンバラギ”な姿を見せた。

その後、チョン・ウンジは公式SNSで「雨が降る朝から、ソロとして初めての舞台を応援しに来てくれた君たち、たくさん来てくれてありがとー! ご飯抜いてちゃ叱られる! 風も吹かない雨に当たらない所にいてね。本番の時また会いましょう! 私たちこれから始まりよっ!!!」という文と共に写真を掲載し、愛情あふれる感謝の言葉を残した。

チョン・ウンジは18日、デビュー5年にして初のソロアルバム「Dream」を発表した。タイトル曲「空マワリ(Hopefully Sky)」が各種音楽配信サイトで1位になり、韓国最大級の音楽配信サイトMelOnでは4日間リアルタイムチャート1位をキープしている。

タイトル曲「空マワリ(Hopefully Sky)」は、過去の郷愁を呼び起こすフォークと洗練されたポップが調和した楽曲。チョン・ウンジが作詞・作曲を手掛け、シンガーソングライターとしての力量を認められなど、ソロ女性歌手として立派な第一歩を踏み出した。

チョン・ウンジは21日午後6時より放送されたMnet「M COUNTDOWN」でソロデビューステージを披露した。

記者 : パク・スジョン、翻訳 : 前田康代