“脱税疑惑”イン・スニ、不起訴処分に

写真=10asia DB

検察が歌手のイン・スニの脱税事件を却下した。

27日ソウル中央地検刑事4部は、租税犯処罰法違反などの疑いで告発されたイン・スニの事件を告発人が主張する内容だけでは疑いが認められないと判断、却下処分した。

却下処分は疑いが認められなかったり、捜査の必要性が認められない際に下される。

イン・スニは2月、歌手のチェ・ソンスの妻パク氏から、2005年6月から2007年11月まで40億ウォン(約4億円) 余りを借名口座で受けたり、現金で受け取るなどの手段で税金を払わなかったとし告発された。

パク氏は2012年12月、事業資金名目でイン・スニに23億ウォンを借りた後返済せずに起訴、懲役3年執行猶予4年の宣告を受けた。

記者 : キム・ハジン、翻訳:前田康代