KNK、デビューアルバムの活動を成功裏に終了“日本、中国からもラブコール”

写真=YNBエンターテインメント

男性アイドルグループKNKは先日1日SBS「人気歌謡」を最後に、デビューアルバム「KNOCK」の活動を成功裏に終えた。

デビューに先立ちNAVERのライブ映像配信アプリ「V」と自分たちで制作するリアリティー「My KNK Television」等オンラインプロモーションを通じてファン層を構築したKNKは、平均身長185cmのという高い身長、男性的で魅力的なビジュアルと華やかなパフォーマンスでファンたちの心をとりこにした。

またKNKはデビュー一ヶ月で中国最高権威音楽授賞式である「第20回 CHINA MUSIC AWARDS IN MACAU」に招待され、2016年の次世代ボーイズグループであることを立証した。

KNKの所属事務所の関係者は「中国、日本など大型の企画会社からラブコールが殺到していて、海外進出も積極的に模索している」と明らかにした。

KNKリーダーのキム・ジフンは「3月3日デビュー以降、大きな愛を受けて感謝申し上げる。今後さらに発展するKNKになりたい」と伝えた。

KNKは新しいアルバムの準備に拍車をかける計画である。

記者 : キム・ハジン、翻訳 : 前田康代