パク・ジェジョン&SUPER JUNIOR キュヒョンのコラボ曲「二人の男」音楽配信チャートで上位にランクイン

写真=MYSTIC89

歌手のパク・ジェジョンとSUPER JUNIORのキュヒョンのデュエット曲「二人の男」が、韓国の音源チャートで上位圏に浮上し好評を得ている。

「二人の男」は19日0時公開直後、Olleh Musicで1位、Mnetで2位、NAVER MUSICで6位、genieで9位など主要音源チャートのリアルタイムチャートTOP10に入り、午前9時基準で上位圏を維持している。

この曲はピアノとストリングスの旋律が印象的な切ないバラード曲で、ユン・ジョンシンが作詞・作曲し、チョ・ギュチャンが共同で作曲を手掛けた。

別れを淡々と受け入れようとするが、本当は相手を忘れられず辛い思いをしている二人の男が互いを察し、悲しい感情を共有する内容だ。互いに異なるボーカルトーンを持つパク・ジェジョンとキュヒョンのハーモニーが印象的だという評価を得ている。

Mnet「SUPER STAR K5」の優勝者で、年齡に合わない成熟した感受性と深みのあるボーカルで当時の審査委員だったユン・ジョンシンの絶賛を受けたパク・ジェジョンは、今回の新曲を通じて正統派バラード歌手の系譜を受け継ぐ走者として足元を固めることになった。

パク・ジェジョンはユン・ジョンシンがプロデューサーとなった「二人の男」を皮切りに、バラードジャンルに集中し歩みを続けていく計画である。

記者 : キム・ハジン、翻訳 : 前田康代