“韓国で大活躍中の日本人”KangNam、日本でデビュープロモーションを成功裏に終了…ラブコール殺到

写真=Signal Entertainment Group / Jungle Entertainment

“韓国で大活躍の日本人”KangNam(カンナム) が日本で行ったデビュープロモーションを成功裏に終えた。

KangNamは先日26日から6日間執り行ったプロモーションを通じて、東京・大阪を行き来しながら地上波TV、ラジオ生放送出演、日本メディアのインタビューや握手会イベントまで成功裏に終えた。

彼は、東京・タワーレコード渋谷店を皮切りに千葉・西武船橋、大阪・HMVグランフロント大阪、タワーレコード梅田NU茶屋町店で開催し、計4回にかけて行われたアルバム発売記念プロモーションイベントに約1000人の日本のファンと会い、トークやサイン会また握手を交わす時間を持った。それだけでなく日本のデビュー曲「Ready to Fly」のステージも披露した。

またKangNamは、ラジオJ-WAVE「Groobeline Z」への生放送出演、FM OSAKA「GOOD MORNING OSAKA」への生放送出演、TOKYO MX「フォンデュ!」のインタビューなど、多忙なスケジュールをこなした。

KangNamは31日、日本テレビの生放送バラエティ情報番組「PON!」ゲストコーナーの出演を最後に、KBS 2TV「ホドンの芸・体・能~めざせ! ご当地スポーツ王」の撮影のために韓国行きの飛行機に乗る。

所属事務所の関係者は、「KangNamは今回のスケジュールを通じて、日本のマスコミの絶賛を受けながら注目されている。すでに日本の地上波TVの固定番組、インタビュー、ラジオなどからラブコールを受けており、今後のスケジュールを調整し再び日本を訪問する予定」と伝えた。

 記者 : キム・ハジン、翻訳 : 前田康代