ドラマ「ウォンテッド」第一弾予告公開…キム・アジュン、子を失う母親役で強烈な登場(動画あり)

「ウォンテッド」予告画面キャプチャー/写真=SBS

「ウォンテッド」第一弾予告編がベールを脱いだ。

ドラマ「ウォンテッド」制作スタッフが2日に公開した映像は、韓国最高の女優キム・アジュン(チョン・ヘイン役) が薄汚い倉庫の建物に入りながら始まる。「子どもを探しているのか?」という携帯電話のメッセージを受けたキム・アジュンは、息子ヒョヌの名前を呼びながら探し回る。「ママ!」と泣き叫ぶヒョヌの声のする方へと向かった部屋の中にあるキャビネットを開けると、ヒョヌのおもちゃの人形だけが入っていた。懐中電灯を照らし、我を忘れて息子を探していると、部屋の片隅に彼女を撮っている一台のカメラが。キム・アジュンはカメラに少しずつ近付いて「あんた誰なの!?」と強烈なメッセージを残す。

今回の予告映像には、緊迫した音楽と共に「ヒョヌ!」と叫びながら息子を探し回るキム・アジュンの荒い息、ヒョヌの泣き声が所々で聞こえながら、映像だけでなくオーディオにも息の詰まる緊張感を加えた。特に、モニターの中に吸い込まれるように画面を見つめ「あんた誰なの!?」と犯人に向かって叫ぶキム・アジュンの最後の一言は、視聴者に強いインパクトを与えた。

「ウォンテッド」は、女優チョン・ヘインの幼い息子が誘拐され「私を探す生放送リアリティー番組を行え!」という犯人のミッションを受け入れることになる。チョン・ヘインが息子を探すため必死にミッションを遂行し体験することになる葛藤と苦悩、数多くの人々の欲望を通じて真の「愛」の力とは何なのかを見せる予定だ。

「ウォンテッド」は第一弾の予告だけでも、犯人は誰なのか、ミッションを要求する理由は何なのか、ストーリーに対する期待が高まっている。今月22日夜10時より、韓国にて放送される。

 記者 : チョ・ヒョンジュ、翻訳 : 前田康代