キム・アジュン&チ・ヒョヌ&オム・テウン出演ドラマ「ウォンテッド」緊張感溢れる予告映像第2弾を公開(動画あり)

写真=「ウォンテッド」放送画面キャプチャー

「ウォンテッド」の強烈な予告映像第2弾が公開された。

「ウォンテッド」の制作スタッフが公開した映像には、韓国トップ女優のチョン・ヘイン(キム・アジュン) の仲睦まじい親子の様子が、息子ヒョヌ(パク・ミンス) の拉致により一瞬にして破綻するシーンが現実であるかのように描かれた。ヒョヌが綱で縛られて「ママ!」と叫ぶ場面と、チョン・ヘインが息子の犯人を探すために、無我夢中で走って追いかける場面などが交差しながら緊迫感が漂う。

「警察に知らせればヒョヌは死ぬ」「私を探すリアリティショーを作れ」という犯人の要求に従いヘインは、ケーブルテレビUCN所属のプロデューサーのシン・ドンウク(オム・テウン) と共に生放送のリアリティショーに出る。また、強力捜査チームの刑事チャ・スンイン(チ・ヒョヌ) が、ヘインの息子の誘拐事件を担当し犯人の痕跡を探す。

予告映像第2弾で公開されたチ・ヒョヌは、「私の目で死体を確認する前までは生きていることだ!」と強烈なメッセージを残し、冷徹な熱血刑事チャ・スンインへの変身に関心が集まった。昔の恋人であるヘインの息子ヒョヌを探すためにENGカメラを持ち、コントロールルームに入りカリスマ性を見せるオム・テウンも、プロデューサーのシン・ドンウクのキャラクターに最適化され、彼ならではのカラーに期待できる。

今回の映像では、「女優の息子が誘拐された」「全国民が見守っている」「必ず探さなければならない」という強烈な3つのメッセージは、アデル(Adele) の「Skyfall」がBGMで流れながら強い印象を与え、「ウォンテッド」が“リアリティスリラー”の奥義を見せることと注目される。

今月22日、夜10時から韓国で初放送される。

 記者 : チョ・ヒョンジュ、翻訳 : 前田康代