映画「狩り」29日の公開を控え、3億ウォンのクラウドファンディングに成功!

映画「狩り」ポスター/写真=ビッグストーンピクチャーズ

「狩り」がクラウドファンディング(不特定多数の人がインターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うこと)で3億ウォン(約2700万円) を集めるのに成功した。

15日午前ワディズ(Wadiz) (クラウドファンディング企業) 側は映画「狩り」(監督イ・ウチョル) が公開を前に始めた証券型クラウドファンディングプロジェクトで、約300人の一般投資家から一日で3億ウォンを集めたと明らかにした。今回のファンディングは、ワディズを通して進行された。

映画「狩り」の制作会社ビッグストーンピクチャーズの担当者は、「クラウドファンディングの募集を通じて新たな投資環境への可能性を確認した」とし「『狩り』が今後映画界でクラウドファンディングを挑戦するのに良いモデルになることを期待する」と伝えた。

「狩り」は偶然発見したお金を一人占めにしようと、登ってはならない山に登った猟師らと、見てはならないものを見てしまった猟師ギソンの命を懸けた16時間の追撃を描いた映画だ。今月29日から韓国で公開する。

 記者 : キム・スギョン、翻訳:前田康代