OH MY GIRL、タイトル曲「WINDY DAY」活動終了の感想を伝える“カレーアイドルというニックネームが嬉しかった”

写真提供=WMエンターテインメント

OH MY GIRLが4週間の活動を終えた感想を明らかにした。

OH MY GIRLは先日26日、SBS「人気歌謡」のステージを最後に、3rdミニリパッケージアルバム「WINDY DAY」の4週間のアルバム活動を終了した。

OH MY GIRLはこれまでミニ3rdアルバム「LIAR LIAR」で大きな愛を受けた後、3週間後に超高速カムバックを果たし話題を集めていた。

OH MY GIRLはタイトル曲「WINDY DAY」を通じて、予想もできなかったインド風サウンドの楽曲を披露し“カレーアイドル”というニックネームを得たりもした。OH MY GIRLはステージの上でパワフルなパフォーマンスと、季節に合う清涼なメロディで人々の視線をひきつけた。

リーダーのヒョジョンは、所属事務所WMエンターテインメントを通じて「タイトル曲『WINDY DAY』で、多くの方々が大きな愛を下さったおかげで、幸せで楽しい活動ができた。最初、アルバムが発売された後に、多くの方がインド風サウンドのリフレーン部分を聞いて“カレーアイドル”と呼んでくださり、デビュー以来初めてニックネームを得られて本当に幸せで不思議な気持ちだった。多くの愛を受けたので、今後も期待に応えられるように懸命に準備し、多くの方の心を動かすことができるOH MY GIRLになるよう努力する」と活動終了の感想を述べた。

「WINDY DAY」で成功的なアルバム活動を終えたOH MY GIRLは、しばらくの間休息を取る予定だ。

 記者 : ソン・イェジ、翻訳 : 前田康代