「ビューティフル・マインド」チャン・ヒョクの反撃が始まった

写真=KBS 2TV「ビューティフル・マインド」放送画面キャプチャー

「ビューティフル・マインド」のチャン・ヒョクの反撃が始まった。

先日27日、韓国で放送されたKBS 2TV 「ビューティフル・マインド」(脚本キム・テヒ、演出モ・ワニル、イ・ジェフン) 第3話では、突然倒れた病院長シン・ドンジェ(キム・ジョンス) を手術することになったイ・ヨンオ(チャン・ヒョク) が予想もしてなかった彼のテーブルデス(手術中に死亡すること) に大きく混乱に陥る様子が描かれた。

今までイ・ヨンオにとって手術室は、自分を完全にコントロールできる空間だった。だが、その信念が壊れてしまった瞬間、シン・ドンジェの死に憐憫と悲しみを感じることができない本当の素顔が表れ始めた。最終的に父親のイ・ゴンミョン(ホ・ジュノ) は、ヨンオに「見つからないようにするには謝るしかないだろう」という忠告をして緊張感を与えた。

シン・ドンジェの追悼式に現れたイ・ヨンオの姿は、全員を怪しませた。そこで彼は手術の結果のブリーフィングを始めた。「シン・ドンジェの死亡原因は殺人であり、その犯人は今この中にいる」と宣言した。自然死を狙った犯人はシン・ドンジェが飲んでいた糖尿病の薬に急性脳出血を起こす成分を入れたとのことだった。

確信に満ちるヨンオの眼差しと言葉は、見る人々を驚愕させた。彼は病院内で起こるミステリーな事件の最も有力だった容疑者だっただけに、どんでん返しが起きた。

シン・ドンジェの死亡原因を明らかにしたイ・ヨンオが言う犯人は果たして誰なのか、第4話の放送に向けて関心が呼び起こしている。それだけでなく今回の事件を基点に、ヨンオの感情にどのような変化が起こっていくのかにも期待が寄せられる。

「ビューティフル・マインド」第4話は、28日午後10時に韓国で放送される。

 記者 : ヒョン・ジミン、翻訳 : 前田康代