「雲が描いた月明かり」パク・ボゴム&キム・ユジョン、国宝級のビジュアル初公開

写真=KBSメディア

「雲が描いた月明かり」側がパク・ボゴム、キム・ユジョンの国宝級のビジュアルを初公開した。

KBS 2TV「雲が描いた月明かり」(演出:キム・ソンユン、ペク・サンフン、脚本:キム・ミンジョン、イム・イェジン)は、29日主演俳優パク・ボゴムとキム・ユジョンのスチールカットを初公開した。

公開した写真でパク・ボゴムは、紺色の王様の服を着て歴代級の王のルックスを見せている。キム・ユジョンは宦官の服を着ているが愛らしい美貌を見せている。少女漫画の主人公のような二人の美貌と愛らしい眼差しは「雲が描いた月明かり」への期待を高めた。

制作スタッフによると、今月の初めに本格的な撮影を始めた二人は、誠実さと青春の雰囲気の活力を撮影現場に吹き込んでいる。

パク・ボゴムは今回の作品を通じて初めて時代劇への挑戦に出て、“ツンデレ皇太子”に扮し演技変身を試みる。キム・ユジョンもまた初めての男装キャラクターに挑戦し、二人のコンビにより一層期待が集まっている。

「雲が描いた月明かり」は、歴史が記録することが出来なかった朝鮮時代青春の成長ストーリーを扱う予測不可能な宮中ロマンスで、8月15日に韓国で初放送される。

 記者 : ソン・イェジ、翻訳 : 前田康代