チョン・ドヨン「AFTERSCHOOLナナと共演、最初に聞いた時は驚いた」

女優チョン・ドヨンがAFTERSCHOOL ナナとの共演について言及した。

チョン・ドヨンは29日午後、ソウル市永登浦(ヨンドゥンポ)タイムスクエア・アモリスホールで開かれたtvN「グッド・ワイフ」(脚本:ハン・サンウン、演出:イ・ジョンヒョ)の製作発表会に出席し、「最初、監督にナナはどうかと聞かれて驚いた」と話し始めた。

続いて「演技の経験がない子だ。しかし私も11年ぶりにテレビドラマに復帰するので、デビューする気持ちでいた。彼女と一緒に緊張しながら最初の撮影を始めた」と語りながら、「ナナは現場ですごく震えて緊張しているはずなのに、そばでエネルギーを与えてくれる。すごく上手に演技している。先輩だが、助言するより互いに励まし合いながら上手くやっている」と話した。

今作でナナが演じる役は、キム・ヘギョン(チョン・ドヨン)の同僚で法律事務所の調査員だ。合法と不法の間を行き来しながら情報を掘り出す才能があるキャラクターだ。

ナナは「『グッド・ワイフ』に出演をすることになってとても幸せでワクワクしている。準備をしながらも、撮影をしながらも楽しかった。このように素晴らしい先輩方とこの場にいることもとても光栄だ。学ぶこともとても多い。だから最後まで最善を尽くして集中し努力しようという心がけを常に持っている」と語った。

韓国で米ドラマをリメイクする「グッド・ワイフ」は、連勝街道まっしぐらだった検事イ・テジュン(ユ・ジテ)がスキャンダルと汚職の疑いで拘束され、結婚後に仕事を辞めていた妻キム・ヘギョン(チョン・ドヨン)が生計を立てるためにソ・ジュンウォン(ユン・ゲサン)の法律事務所の所属弁護士として仕事に復帰し、自身のアイデンティティを求めて行く法廷捜査劇だ。

チョン・ドヨン、ユ・ジテ、ユン・ゲサン、キム・ソヒョン、ナナ、イ・ウォングンなどが出演する。「ディア・マイ・フレンズ」の後番組として、来月7月8日午後8時30分より韓国でスタートする。

 記者 : チョ・ヒョンジュ、翻訳 : 前田康代、写真 : チョ・スルギ