ユ・スンホ「『キム・ソンダル』のように国を盗みたい」 ― Vol.2

ユ・スンホの逆襲である。誰も注意深く見なかった19世紀の説話であるキム・ソンダルを、有能で図々しい21世紀型のキャラクターへと変貌させることに成功した。キム・ソンダルは大同江(テドンガン)の川を売り飛ばした人かと思っていたが、このように若くてセクシーな詐欺師かもしれないと驚かされる。

それでもユ・スンホは謙虚で素直だった。「キム・ソンダル」はそれほど重い映画でもなく、観客が気持ちよく笑うことができるのならばそれで良いという願いや、自信に満ちたキム・ソンダルとは正反対の性格なゆえ、演技も容易いことではなかったと率直に打ち明けた。自分の未熟さを認めながらも、持てるならば“ユ・スンホ ワールド”が欲しいと話す抱負を、淡々とした口調で話した。俳優ユ・スンホと、彼が内から出したユ・スンホという一人の人間に関する話を、22日ソウル市鍾路(チョンノ)区三清洞(サムチョンドン)のあるカフェで語り合った。

―キム・ソンダルのように何かを盗むとすれば何を盗みたいか。

ユ・スンホ:(しばらく悩んで)幸せな悩みだ。特に「これが欲しい」と思ったことがない。何かを盗まなければならないとしたら、国を持ちたい。国を盗む。

―“ユ・スンホ ワールド”を持ちたいということなのか。

ユ・スンホ:そうだ。僕の国、“ユ・スンホ国”を持ちたい(笑)

―もしかして夢は大統領とか?(笑) それでは、俳優ではなく一人の人間としてのユ・スンホの夢は何か。

ユ・スンホ:周りの人々が僕のことを話す時に「彼、なかなか良い人みたいだ」と言ってもらえること。幼かった頃から両親がそうしていた。他人に迷惑をかけて生きるなと。迷惑をかけずに生き、人の力になって頼りになるとそんな言葉を聞きたい。

―一緒に演技をした周りの先輩たちから本当に可愛がってもらっている。ドラマ「リメンバー」で共演した俳優パク・ソンウンが本当に可愛がっていると聞いた。どうしてそんなに可愛がられるのか。

ユ・スンホ:パク・ソンウン先輩、まったく、ハハハ。分からない。最初は本当に怖かった。目つきがどれほど恐ろしいことか。黙っているだけなのに、命を脅かされる感じだ(笑) だけど、先輩は徐々に時間が経つにつれて、おどけたりもしだした。たまに、怒って真剣にならなきゃいけないのに、変な顔をしたりして……。ちょっとふざけたかったのかも(笑) 僕はもともとよく笑う。一度笑い出すと我慢できない。だからそんな風にふざけたり捕まえて離さなかったりもするんだ。本当に面白くて楽しい。先輩たちは本当にただただ良いんだ。

―“兄貴分”との相性が良いのかも。

ユ・スンホ:幼い頃から、年が結構離れた先輩方とたくさんの作品でご一緒してきたので、かえって僕も気が楽だ。僕より若い人がいると、その人が感じることは当然、僕はお兄さん、先輩じゃないか。だが、それを受け入れるのが大変だった。僕は常に上に誰かがいたから、僕がなぜお兄さん、先輩と呼ばれるのか。自然と慣れなきゃいけないのに、そんなに簡単じゃなかった。

―子役としてデビューしてここまできたから当然の事だ。現場での立場も変わったと思うが、どんな心がけでいるのか。

ユ・スンホ:幼い頃と比べれば、大人の対応をしてくれると感じる。だけど僕の心はいまだに小学校の頃で留まっているようだ。

―「演技を辞めたい」という瞬間もあったか。

ユ・スンホ:本当にたくさん(笑) 僕だけでなく俳優は皆一度ぐらいはそう思ったはずだ。「これが限界だ」という感じ。作品がヒットしなかったり、現場で僕の思い通りに演技ができず限界だと感じた時、「これが僕ができる最大値なのに、要望に応えられない」と思う時、そんな気持ちになる。

―スランプが来た時はどのように乗り越えようとするか。

ユ・スンホ:方法は特にない。趣味をはっきりと持っているわけでもないので、どんな活動をするというよりは、自らマインドコントロールするほうだ。

―演技していて幸せだった瞬間は?

ユ・スンホ:大きく見れば、作品の興行だ。現場で直接カメラと向かい合い、相手の俳優と演技をする時、息もよく合って良い結果を得た時や、大きいシーン、重要なシーンの撮影を無事に終わらせた時に幸せを感じる。

―「キム・ソンダル」において、キム・ソンダルの性格のうち実際の性格と似ている部分はあるか。

ユ・スンホ:キム・ソンダルを演じながら本当に大変だった部分でもある。性格は完全に正反対だ。キム・ソンダルは余裕があって自信に満ちて常にエネルギッシュなのに、僕は反対なので台本の読み合わせをする時もそうで、現場で監督が「もう少しこうしてみて、そしたらキム・ソンダルらしくなる」とディレクションされるほどだった。だが、最後の詐欺の場面での姿は本当にキム・ソンダルみたいだった。監督も僕を見て「私が思っていたキム・ソンダルだった」と話してくれた。そんな風に言ってもらえたので嬉しかった。

―実際の性格はどうなのか。

ユ・スンホ:自信がなくてちょっと心配性だ。良く言えば慎重だとも言える。

―俳優は作品を撮ったら自分の役柄に“キャラクター化”すると言われているが、「キム・ソンダル」を撮って変化したことはあるか。

ユ・スンホ:親からも友達からも、なんでそんなに図々しくなったのかと言われた。すると僕は「そんなの僕だって分からないよ」と答える(笑) 他の見方をすればキム・ソンダルのお陰で、心の余裕、快適になったような感じだ。

―実際の性格が真面目ならば、映画で色目を使うシーンも大変だったと思うが。

ユ・スンホ:本当に大変だった。だから猫や杓子みたいに演技しないで、壊れることならまともに壊れようと腹を据えた。監督ともそう話したので、出っ歯もはめてみた。それでその時「こうやって人は醜くなるんだな」とも思った(笑) 「壊れることならまともに壊れよう、そしたらさらに素晴らしく見えやしないだろうか」と思った。最初はウインクしたりするのが気持ち悪くて本当にイヤだった。だけどその場面で多くの方々が笑い出して、楽しそうな姿を見てよくやったと思った。

―「キム・ソンダル」の主演俳優として鑑賞ポイントを語るならば。

ユ・スンホ:この映画でメッセージや教訓を入れようとしたというよりは、僕自身が映画館で見ていたように、見る人々が気持ちよく座って楽しんでくれたら嬉しい。良い雰囲気の中、スタッフ、俳優関係なくみんな楽しく撮影した。僕たちが楽しかった分だけ観客の皆様にも同じように楽んでもらえると嬉しい。僕はそれで満足する。

―次回作はまだか。

ユ・スンホ:まだ決まったことはない。シナリオ見て、慎重に決めたい。

―最後に、ファンに一言。

ユ・スンホ:僕は今まで通りやっていくと思う。この姿でそのまま続けて行くつもりだ。ファンの方々も、僕の他の姿を望んだりはしないと思う。おそらく。この姿このまま平穏に、良い作品を撮って過ごしたい。

 記者 : キム・スギョン、写真 : ソ・イェジン、翻訳 : 前田康代