CUBEエンターテインメント、iHQとタッグを組みWebドラマ「スパーク」制作…今後も事業展開を計画中

写真=CUBEエンターテインメント

CUBEエンターテインメントがWebドラマを制作する。

CUBEエンターテインメント(以下、CUBE) は、親会社であるiHQとタッグを組み、今月25日からスタートするWebドラマ「スパーク」(脚本:ムン・ジヨン、演出:キム・ウソン) の制作を担当する。

4Minuteを始めBEAST、BTOB、CLCなどのK-POPアーティストを養成してきたCUBEは、最近ではお笑い芸人のホ・ギョンファン、キム・ギリなどの有名タレントや役者のソウ、ナ・ジョンチャンなどを大挙にスカウトし、新たに発掘しながら総合マネジメント会社として生まれ変わっている。

今年iHQと協力してドラマ制作市場に乗り出し、Webドラマ「スパーク」を始め、斬新で多様な映像コンテンツを制作していくなど、幅広い事業展開を計画中だ。

「スパーク」は不意の事故で全身に電気が流れるトップスターと、平凡なある少女に巻き起こる甘くてしびれるファンタジーミュージックロマンスだ。ドラマ「君を守る恋~Who Are You~」のムン・ジヨン作家が執筆を担当し、TV朝鮮「プロポーズ大作戦」を演出したキム・ウソン監督がメガホンを取った。

ドラマ「輝くか、狂うか」、「母」でその名を広めた俳優ナ・ジョンチャンが主人公を担当する。彼は劇中で、アイドルグループDEXTER(デクスター) の最年少で天才音楽家のユン・ガオンに扮する。ヒロインにはナム・ボラが抜擢された。ナム・ボラは劇中、不遇な家庭環境の中でも夢を諦めずにアルバイトに専念するソン・ハヌル役で熱演を繰り広げる予定だ。

「スパーク」は今月25日から3週間、毎週月曜日から木曜日の午前10時に、NAVER tvcastを通じて放送される予定だ。

 記者 : キム・ハジン、翻訳 : 前田康代