2NE1のDARA、フィリピンのオーディション番組で審査委員抜擢“私にとって大きな助けとなる”

写真=YG ENTERTAINMENT
2NE1のDARAがフィリピンのオーディション番組の審査委員に抜擢された。

DARAは9月から放映されるフィリピンABS-CBN「Pinoy Boyband Superstar」で審査委員に抜擢され、フィリピンを行き来しながら撮影に臨む予定だ。

「Pinoy Boyband Superstar」は、昨年末アメリカで放映された同名オーディション番組のフィリピンバージョンで、DARAをはじめとする現地の有名芸能人Vice Ganda、Yeng Constantinoが共に審査委員を担当する。

挑戦を控えたDARAは「色々な場所で様々な経験をしてみることほど、良い勉強はないと思う。このような経験が、私にとって全てが大きな助けとなるだろうと思っている」と感想を伝えた。

続いてDARAは、「私が育った場所、音楽に対する夢を育んだ場所、そしてフィリピンの人でもないのに私を愛して下さり、今の私を作ってくれた場所なので、本当に特別なことのように思える。今まで変わりなく私を愛して下さり、待って下さったフィリピンのファンにありがとうを伝えたい」と付け加えた。

この番組が放映されるフィリピンの放送局ABC-CBNは、フィリピン最大の放送局の1つで、DARAが韓国デビュー前に活動を行っていた場所でもあり、その意味は格別だ。DARAは去る2004年「スター・サークル・キャスト」という新人発掘番組で外国人の中、最終審査で2位を獲得し、多大な人気を得たことがある。

フィリピンのオーディション番組の出身者でもあり、2NE1活動で現地のファンに依然として高い呼応を得ているDARAが、放送を通じて見せる活躍ぶりに期待が高まる。

 記者 : ヒョン・ジミン、翻訳 : 前田康代