「モンスター」チョ・ボア、カン・ジファンに突如キス“度胸のある片思い”

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。

写真=MBC放送画面
シニョン(チョ・ボア)が度胸のある片思いを披露した。

MBC月火ドラマ「モンスター」(脚本:チャン・ヨンチョル、チョン・ギョンスン、演出:チュ・ソンウ)で“自分勝手な箱入り娘”を熱演中のチョ・ボアが、素直で堂々とした嫉妬に続き、カン・ジファンに突如キスする積極的な演技で注目を浴びた。

韓国で1日に放送された第37話では、シニョンがギタン(カン・ジファン)、スヨン(ソン・ユリ)、コヌ(パク・ギウン)とともにワインを飲むシーンが描かれた。

シニョンはギタンがスヨンにだけ酒を注いでやろうとすると「カン・ガディン、私のグラス空っぽなのに見えないの?」と可愛く嫉妬した。またスヨンに微笑みを浮かべるギタンを見て「あんた、他の女を見て笑わないで!」と言って立ち上がり、突如キスをしてギタンを驚かせた。

さらにキスの後、スヨンに「この人はもう私のものよ。あんた、尻尾振るんじゃないよ。私がその尻尾をばっさり切り捨ててやるんだから」と警告するなど、ギタンへの堂々としたストレートな愛情表現で、積極的なド・シニョン流の片思いを見せた。

シニョンはギタンにドド製薬の持分の共同議決権を与える代わりに、ギタンはドドホテルをシニョンの物にすることを約束し、約束を守れない場合は結婚をするという下心の入った覚書を書かせ、笑いを誘った。

「モンスター」は韓国で毎週月、火曜日の午後10時より放送されている。

 記者 : ソン・イェジ、翻訳 : 前田康代