チャン・グンソク、誕生日迎え「分かち合い写真展」開催…成熟したファン文化に“視線集中”

写真=Tree J Company

俳優のチャン・グンソクが30歳を迎え特別な誕生日イベントが開催された。

先日6日、7日の二日間ソウル市江南(カンナム) 区清潭洞(チョンダムドン) にあるギャラリー・ワンでは、チャン・グンソクの公式ファンクラブ“CRI-J”が主催した「2016チャン・グンソク誕生日記念分かち合い写真展」が行われた。今年で4回目になる今回の写真展には、韓国内外のファンを含み二日間で合計1500名が参加した。

ファンが撮った写真を始め、各種ファンアートなどで飾られた今回の展示には、チャン・グンソクの昨年1年間の足跡が全て収められていた。特にドラマ「テバク」エリアには銭打ちに関する説明やファンが直接弓を射ることができるイベントまで準備されていて興味をそそった。また今回の写真展には“寄付”エリアが別途に設けられ、チャン・グンソクとファンのこれまでの善行を顧みることができる。

チャン・グンソクもまた写真展に出席しその場を華やかにした。彼はファンが撮った写真一点一点を目を凝らして見ながらサインをしたり、ボランティア活動をしたファンの名簿を見て拍手を送るなど胸が詰まる思いを表した。

彼はファンたちとささやかな誕生日パーティを行った後、「これまでの1年間の活動と、その時の記憶を思い出した意味深い時間だった。ファンと一緒に作った写真展ゆえに意義深く、価値ある一日一日を過ごしたんだなと思っている」とし「僕がいない所でもボランティア活動をし、団結して良いことを率先して下さったファンの苦労と温かな気持ちに感謝申し上げたい。来年も変わらず、この場でともにできれると嬉しい」と感想を述べた。

何よりこの日は記録的な猛暑の日だったにもかかわらず、分かち合いを共にしようと集まったファンが秩序正しく写真展を観覧し、成熟したファン文化を見せた。また各国から集まった寄付金や入場料で集められた5千万ウォンは、全額を困っている人々のために使われる予定だ。

2012年、チャン・グンソクの誕生日を記念した「926イベント」で、ファンとチャン・グンソクがそれぞれ926万ウォンずつ福祉施設ナムサンウォンに寄付したのを皮切りに、2013年はチャン・グンソクとファンが1000万ウォンずつ合計2000万ウォンを、2014年もまた写真展の収益金全額1620万ウォンを、2015年はおむつやミルクを含めて1500万ウォンとチャン・グンソクが別途に1000万ウォンの寄付金を届けており、模範となっている。

チャン・グンソクは新概念のリアリティ番組、tvN「私の耳にキャンディー」に出演することを予告し話題を呼んでいる。チャン・グンソクは自分の話に耳を傾けてくれる匿名の友達“キャンディー”との秘密の通話で共感し疎通しながら、自身の日常や悩み、夢などの内に秘めている話を正直に打ち明ける予定だ。今月18日夜11時韓国で初放送される。

 記者 : チョ・ヒョンジュ、翻訳 : 前田康代