「スパーク」ナム・ボラ、放送終了の感想を伝える“いい作品ができ幸せだった”

写真=WILLエンターテインメント

「スパーク」のナム・ボラが放送終了の挨拶を伝えた。

10日午前、ナム・ボラの所属事務所WILLエンターテインメントは公式Facebookでナム・ボラのお別れの挨拶を公開。これはナム・ボラがWebドラマ「スパーク」の放送終了を控え感想を明かしたもので、スケッチブックを手にいろいろな表情を浮かべているナム・ボラの様子に視線が集まる。

ナム・ボラは「短かったので残念でしたが、いい作品を共にでき本当に幸せでした。いつの間にか慣れ親しんだスタッフ全員と俳優たち、そしてハヌルを愛してくださり応援してくださった多くの視聴者に感謝申し上げます」と愛情を込めて挨拶した。

これとともに放送終了に対する心境が収められたような写真では、ナム・ボラの様々な表情も印象を残す。ナム・ボラは撮影が無事に終わったというような喜んでいる微笑みと、指ハートを作ったり、短い撮影を名残惜しいと唇を突き出し泣き顔を浮かべたりと、愛らしい姿を見せた。

ナム・ボラが出演中の「スパーク」は、今月11日午前10時に最終回が放送される。

 記者 : ユ・チャニ(インターン)、翻訳:前田康代