WANNA.B「エンジェルスファイティング」の広報大使として難病の子供たちを助ける

写真=ジェニスメディアコンテンツ

グループWANNA.Bが難病の子供たちを助ける。

WANNA.Bは10月8日、難病の子供たちを助ける慈善格闘団体エンジェルスファイティングの広報大使として、応援公演を披露する。

エンジェルスファイティングは、俳優チョン・ジュノが会長で、歌手キム・チャンリョルが運営委員を務めており、定期的に慈善競技を通じて得た入場料の収益を、世界各地の難病の子供たちの手術費および生活資金として寄付している。この他にイム・チャンジョン、キム・ヨンホ、カン・ソンジン、イ・チャンフン、ク・ジュンヨプ、チョ・ヨングなどが所属している。特にこの日の競技には「太陽の末裔」で顔を広めた俳優アン・ボヒョンと、フィットネスモデル出身のキム・ジョンファがリングに上がる予定だ。

WANNA.Bはエンジェルスファイティングの広報大使として発足時から活動を続けてきた。WANNA.Bは「エンジェルスファイティング選手団こそが『リングの上の天使』のようだ」とし「直接は戦えないが、私たちにしかできない“公演”で有意義な場を共にできることは光栄で、一生懸命応援したい」と伝えた。

WANNA.Bはこれに先立ち、“デザートカフェ・スニ”の「親切なアルバイトプロジェクト」への参加と、老人大学で年配の方を対象とした電話詐欺、インターネット詐欺、不良食品根絶に向け、義王(ウィワン) 警察署の広報大使として活動するなど、善行に陣を切っていることが伝えられている。

10月8日午後8時から始まるこの日のイベントは、KBSNスポーツチャネルで見ることができる。

 記者 : ソン・イェジ、翻訳 : 前田康代