テ・ジナ、新曲「人の運命」でカムバック…8日に初ステージを披露

写真=テ・ジナ

テ・ジナが「人の運命」で放送にカムバックする。

テ・ジナは今月8日Mnetの「M COUNTDOWN」を皮切りに、11日SBS「人気歌謡」、KBS「開かれた音楽会」、14日MBC「歌謡ベスト」、17日MBC「音楽中心」、24日KBS「全国のど自慢」、27日「全国トップ10歌謡ショー」で新曲「人の運命」のステージを披露する。

テ・ジナの「人の運命」は、庶民に希望と勇気を与える歌詞の内容を含んでいる。またSPY(サイ) の「江南(カンナム) スタイル」の振付を担当したイ・ジュソン団長が「人の運命」の振付を担当し、だれでもすぐに踊れて楽しむことができる振付まで見せる予定で、期待を集めている。

「人の運命」が収録されたテ・ジナのアルバムには「オッキョン」「同伴者」「恋は誰もができるものじゃない」「思慕曲」「良く暮らすだろう」など18曲余りのヒット曲が終了されており、新曲を聞く期待と昔の思い出も思い出せる面白さまで収められている。

テ・ジナの新曲「人の運命」は各種音楽サイトで発表され、中高年層から愛されている。

 記者 : イ・ウンジン、翻訳 : 前田康代