Sechs Kies、16年ぶりの新曲タイトルを発表「Three Words」…“今、ここ、僕たち”

写真=YG ENTERTAINMENT

Sechs Kiesが16年ぶりに公開する新曲は「Three Words」だ。

先日「WHO’S NEXT?」の主人公がSechs Kiesだったことを明かされた後、公開される新曲への関心が高まっていた中、続けて曲名を公開し期待は最高潮に高まった。

「Three Words」はEPIK HIGHのTABLO、そしてP.KとDEE.Pで構成されたYGプロジェクトチームFUTURE BOUNCEがプロデユースした曲だ。Sechs Kiesが16年ぶりに発表する歴史的な新曲なのだ。

「Three Words」は、別れた後やっとの思いで再会できた恋人たちの気持ちを表現した恋の歌だ。昔何があったとしても「今」「ここ」「僕たち」の3つの単語が重要だと語っており、もう二度と離れないでいようという約束の内容が盛り込まれている。

16年という長い空白期間の果てに再びファンの前に立つことになったSechs kiesの状況とも重なる内容で、一層意味を持つ濃い感動を与える予定だ。

Sechs Kiesは先月、ソウルオリンピック公園体操競技場で開催された単独コンサート「2016 SECHSKIES CONCERT-YELLOW NOTE」で「Three Words」を初めて披露した。その日、多くのファンが涙を流しながら、胸を打たれた気持ちを表現し熱い声援を送った。

「Three Words」で歌謡界に本格的にカムバックを知らせたSechs Kiesが、今後どんなステージで新たな姿を見せてくれるか期待を集めている。

 記者 : チョ・ヒョンジュ、翻訳 : 前田康代