防弾少年団、米マスメディアから絶賛の嵐「新たな境地に飛翔する」

写真=Big Hitエンターテインメント

ビルボードをはじめ、Fuse TV、iHeart Radioなどのアメリカの有力マスメディアが、防弾少年団の2ndフルアルバム「WINGS」について詳細な分析に続き絶賛した。

先日10日(現地時刻) ビルボードは「防弾少年団、『血、汗、涙』を発表し新たな境地に飛翔する(BTS Soar to New Heights With「Blood Sweat&Tears:Listen)」という題名のコラムを掲載した。

ビルボードは「2016年は防弾少年団にとって物凄い年」と言及し、今回の2ndフルアルバムを通じてメンバーがそれぞれアーティストとして音楽の成長を見せると同時に、世界中にK-POPの人気を広めたグループと紹介した。引き続き、タイトル曲「血、汗、涙」の音楽的構成の分析と共に、MVについても詳しく分析し多大な関心を示した。

「『WINGS』は、アルバムが公開されるや否やiTunesアルバムチャートでトップを占め、ビルボードチャートにおいても、以前防弾少年団が作り出した多数の記録を彼ら自身が破ることになるものと見られる」と強い期待を示したりもした。

Fuse TVも今回のアルバムについて重点的に報道した。Fuse TVはビルボード200チャートへのランクインとKCON 2016の主人公となり、ステージに立った事などについて言及し「世界中から愛される防弾少年団は、アルバム名である『WINGS』のように、もっと大きく飛翔することができる」と肯定的な展望を見せた。

また「『WINGS』が(ビルボード200) チャートに3度目のランクインをする場合、防弾少年団は韓国アーティストとしてアメリカに新たな歴史を刻むことになるだろう。すでにアメリカのiTunesトップアルバムチャート1位を占め、トップソングチャート30位に入りながら可能性を大きく作っている」と紹介し、ビルボードとともに新記録樹立への期待を表わした。

アメリカの有名インターネットラジオサービスのiHeart Radioもまた「防弾少年団は、MVに『血、汗、涙』を流し込んだ」と多大な関心を示した。

iHeart Radioは「防弾少年団は、歴代級のレベルでカムバックした」と伝え、これまでのタイトル曲で見せてきた姿とは異なり変化した部分があるが、変らず防弾少年団らしいスタイルを守りながら興味深さを作り出していると評した。

MVについては、現代美術作品を連想させると紹介し、今まで防弾少年団がリリースしたMVのうち最も美しい作品だと付け加え、今後の歩みへの期待を表した。

防弾少年団の2ndフルアルバム「WINGS」は、MelOn、genie、Mnetをはじめ、iTunes、apple musicなど韓国国内外の音源チャートとアルバムチャートを席巻した。タイトル曲「血、汗、涙」のMVは、公開2日目である11日午後5時を基準に1千万回の再生回数を突破し、K-POPグループで最短時間記録を達成するなど、圧倒的な威勢を繰り広げている。

 記者 : ヒョン・ジミン、翻訳 : 前田康代