防弾少年団「江南スタイル」に続く大ヒットとなるか!?世界中からの熱い反応が続く

写真=Big Hitエンターテインメント

防弾少年団の新曲「血、汗、涙」が海外でも熱い反応を得ている。

スイスの国営マスメディアのSRFは、11日午後3時(現地時間) 「防弾少年団:『江南(カンナム) スタイル』の次の走者となるか? (Bangtan Boys:Erleben wir bald einen neuen «Gangnam Style»?)」という題名のコラムを掲載して視線をひきつけた。

SRFは「今、世界中がK-POPのある一曲に騒めいている」とし、防弾少年団の新曲「血、汗、涙」を紹介した。引き続き「この曲が収録されたアルバムと共に、世界中の各種音楽チャートを次々に占領している」とし「血、汗、涙」のMVが公開2日目で1千万回の再生回数を越えた事に言及しながら、PSYの「江南スタイル」のMVと防弾少年団の「血、汗、涙」のMVを共に紹介した。

また、防弾少年団の2ndフルアルバム「WINGS」が、スイスのiTunesチャートでトップアルバムチャート5位を占め、スウェーデン、ロシア、アメリカなどでもiTunesチャート1位を占めているという現象を詳しく分析した。

防弾少年団は新アルバム発売当日、10日午後7時基準(韓国時間) 、世界27ヶ国のiTunesトップアルバムチャートで1位を占めた。スウェーデン、ニュージーランド、デンマーク、アイルランドなどヨーロッパ圏に属する国々をはじめ、アメリカ、ブラジル、チリなど、防弾少年団の音楽がアジアを越えヨーロッパ全域そして全世界に広がっているということがわかる。

防弾少年団は2ndフルアルバム「WINGS」のタイトル曲「血、汗、涙」で、韓国国内の8ヶ所の全音源チャートで完全独占を達成したのに続き、iTunes世界97ヶ所のチャートで1位を占めるなど、連日記録更新を続けている。

 記者 : ソン・イェジ、翻訳:前田康代