10CM、ドラマ「キャリアを引く女」OSTが発売…発売要請の殺到で“前倒し公開”

写真=Fluxus Music

10CM(シプセンチ) が歌った「キャリアを引く女」のOST(劇中歌) が公開される。

MBC月火ドラマ「キャリアを引く女」OST製作会社のFluxus Musicは、本日18日、10CMが歌った「来てくれるなら」が発売されると述べた。

製作会社は「当初、ドラマの後半部に発売予定していたが、視聴者たちの正式音源発売要請が殺到し公開日程を早め、『小さい休符』に続き二番目に発売を決めた」と明らかにした。

「キャリアを引く女」第3話で初めて登場した「来てくれるなら」は、チェ・ジウ、チュ・ジンモ、イ・ジュンら主人公のラブシーンが現れるごとに挿入され、ドラマの雰囲気を一段とときめかせ、心を焦がさせる。

「来てくれるなら」は哀しげなアコースティックギターサウンドに、10CMのクォン・ジョンヨル特有の力強く濃厚でグルーヴな声、豊かなコーラスが加えられロマンチックな感性を届ける。

この曲は10CMのクォン・ジョンヨルが作詞し、Urban Zakapaの元メンバーでありシンガーソングライターのチェ・ジェマンが作曲、編曲した曲だ。普段、外部の作曲家の曲をほとんど受けつけない10CMが、チェ・ジェマンの曲を聞いて快く歌っただけでなく歌詞作業まで手掛け完成した。

チェ・ジェマンは、この曲の作曲、編曲とピアノ、ベース、ドラム、コーラスなどを直接こなした。また、シンガーソングライターのLELがストリング編曲に参加し、14人組のユンストリング、ギターリストのチョン・ジェピルなどそうそうたるミュージシャンが録音に参加し、曲の完成度を高めた。

10CMが歌った「来てくれるなら」は18日正午に公開された。

 記者 : ユ・チャニ(インターン)、翻訳 : 前田康代