防弾少年団、タイトル曲「血、汗、涙」ダンス映像を公開…歴代級のパフォーマンス

写真=Big Hitエンターテインメント

防弾少年団が「血、汗、涙」の振り付け練習映像を公開した。

防弾少年団は18日の午後、公式YouTubeを通じて新曲「血、汗、涙」の振り付け練習現場の映像を公開した。

公開された映像で防弾少年団は、ラフな姿でパワフルながらもセクシーさが加味されたパフォーマンスを見せている。練習にもかかわらず本番を思わせるほどの現場の熱気をそのまま伝えている。

「血、汗、涙」の振り付けは、デビュー後から現在まで防弾少年団の振り付けを専門担当しているパフォーマンスディレクターのソン・ソンドクが全体の総括を引き受け、世界的な振付け師Keone Madrid、Quick Style Crewが一部を手掛けたことが分かり話題を集めた。

防弾少年団の2ndフルアルバム「WINGS」のタイトル曲「血、汗、涙」は、世界中で多大な人気を得ているムーンバートン(エレクトロニック・ダンス・ミュージックの一種) ジャンルの曲で、先日10日に発売された後、韓国内外で多大な人気を得ている。韓国で8つの音源チャートを独占したのをはじめiTunes、アップルミュージックと世界中のチャートを独占し、遂にビルボードのメインアルバムチャートであるビルボード200中26位にランクインし、韓国大衆音楽の歴史を新しく塗り替えるなど爆発的な人気を呼んでいる。

防弾少年団は、今日(19日) 午後7時に放送されるMBC MUSIC「SHOW!CHAMPION」に出演し、「血、汗、涙」の活動を続ける。

 記者 : ソン・イェジ、翻訳 : 前田康代