【Dr.アル】チャ・テヒョンのような男性と結婚したいです

好きだというレベルを超えて“アリ”(恋の病で寝込むような)の境地になる時がある。見ないと死にそうで見ていると会いたくなる、今日もどこかで苦しんでいる全国に数多くいる“アリ”患者のための「10アジア」の相談コーナー「Dr.アル」。

今回の悩ましい“アリ”の対象は、KBS 2TV「ハッピーサンデー-1泊2日」(以下「1泊2日」)のチャ・テヒョン。結婚していて、イケメンでもない。それに、常に意地悪ないたずらをするが、初恋の人と結婚した優しくて多情な夫チャ・テヒョン。今回の病の処方箋は!?

 

【Dr.アル】チャ・テヒョンのような男性と結婚したいです

写真=KBS 2TV「ハッピーサンデー-1泊2日」

QUESTION

アイドル?関心ありません。美男?あまりにも非現実的です。チャ・テヒョンが断然好きです。それも芸能人としてではなく、男として。年を取っていて、結婚もしています。それに身長も高くなくて、老若男女問わず意地悪ないたずらをするのが好きな男性なのに依然として私の理想の男性です。どうしてチャ・テヒョンを見るたびに考えてもみなかった結婚がしたくなるのでしょうか?(麻浦(マポ)区/クさん)

Dr.アルの処方箋

患者様の質問の答えはすでに出ています。憧れている芸能人でなく、一緒に住みたいと思う男性としてチャ・テヒョンさんのことが好きですから。もちろん、殴りたくなるようないたずらが趣味であり、特技であることは認めます。SBS「ニュー!日曜日は楽しい-ファミリーがやってきた」(以下「ファミリーがやってきた」)でユ・ジェソクのズボンを腰上まで上げたり、「ランニングマン」では“大親友”のキム・ジョングクを白々しく騙した。それだけではなく、自分と合わないといって避けていたKBS「1泊2日」では口をゆすいだ水でキム・ジョンミンの髪を洗っていました。いたずら心いっぱいの顔をしているけど、だからと言ってパク・ミョンスのように“悪魔の息子”ではありません。年取ることのない心を持ついたずらっ子に近いです。一歩間違えると生意気で、憎らしい性格に見えるかもしれないけど、どの程度までのいたずらなら、相手が可愛く受け入れてくれるのかを彼は分かっています。それに“福不福”(「福が来たり来なかったり」という意味で人の運を表す)ゲームをするたびに罰ゲームに当たって、苦しんでる姿は可愛くてたまりません。バラエティ番組で雰囲気を盛り上げる人は多いです。だけど憎らしくない、おっちょこちょいな面で相手の警戒心を短時間で解いてしまう人はチャ・テヒョンだけです。

 

【Dr.アル】チャ・テヒョンのような男性と結婚したいです

写真=KBS 2TV「ハッピーサンデー-1泊2日」(左)、SBS「ニュー!日曜日は楽しい-ファミリーがやってきた」(右)

どうしてこのような男性と結婚したいのか知りたいですか。このような男性ですから。一生一緒に住んでも退屈しないと思います。結婚しているにも関わらず、おじさんみたいな感じはまったくしません。誠実な班長ではないけど、面白い相棒です。残った人生をともに楽しむには、後者が断然良いと思いませんか。いたずらばかりしている軽い男だったら、話は変わるでしょう。でもチャ・テヒョンは妻が嫌がるベッドシーンは絶対に撮らないし、第一子を妊娠した妻のために8ヶ月間仕事を休み、今でも結婚したばかりのときに、妻が書いてくれた手紙を財布に入れている多情な夫なのです。周りを見て下さい。この中の一つでも守れる男性がどれくらいるのか。チャ・テヒョンは妻が何が好きなのか、何が大変なのかよく知っています。彼本人は1人の女性とだけ恋したことを残念だと冗談のように話しているけど、初恋の人と結婚した純情男は未婚の女性のロマンなのです。SISTARのボラとmiss Aのスジも「一緒に旅行に行きたい『1泊2日』のメンバーは誰か」という質問に対してチャ・テヒョンを選びました。もっと欲がでてしまうでしょう。欲しくなるでしょう。なので「1泊2日」を見る時間に約束を作った方が良いですね。そうすれば彼氏ができます。

Dr.アルのポイント:チャ・テヒョンの「世界のどこにもいない可愛い男」

これはイワシ、ジョーズごっこができます
「ファミリーがやってきた」に出演したら、9人分の朝ごはんを作れと言われた。親友のキム・ジョングクが隣にいるけど、あまり役に立たない。妻に電話をしたけど出ない。その瞬間、僕の目に飛び込んできたのはイワシ一匹、ふと頭を横切る“アノボン”(アン・サンテ:韓国のお笑い芸人)のものまね。これイワシ、ジョーズごっこができるよ。パバム~パバム~パバムパバム~指の間からイワシが首を出す。これ、ダイビングごっこもできます。しゃくしからチョングクチャン(清麹醤:韓国納豆)鍋にイワシ一匹が壮烈な戦死を遂げる。

龍山(ヨンサン)区最高のパパです
朝7時、目を覚ますやいなや、息子の頼みに従ってなんと一時間も“アングリーバード”をする。ゲームが終わると、息子に卵ご飯を作り、幼稚園まで送る。1人ぼっちになった午前、散歩でもするために家を出る。出かけて会う人は近所のおばさんたちだけで、僕にできることは会釈することだけだ。

本当についてないです……
ワクワクする気持ちで「1泊2日」の初撮影に挑んだのに……船に乗ったけど、座ることもできず立ったままだった。それに、お弁当をもらったけど仕方がない。黄色いたくあんしか入ってないのり巻きだけ。頭を使ってグーチョキパーゲームをしても仕方ない。結局、肌寒い中、冷たい水でシャワーをした。水が冷たいといって逃げても仕方がない。向こう側から黒ヤギが追いかけてきた。寝どころ争奪、“福不福”ゲームをしても仕方がない。リンゴ酢にカプサイシンが入ったジュースまで当たった。僕は本当についてない。

記者 : イ・ガオン、翻訳 : チェ・ユンジョン