防弾少年団「第26回ソウル歌謡大賞」で最高アルバム賞を受賞…最多の4冠達成!

写真=「第26回ソウル歌謡大賞」放送画面キャプチャー

防弾少年団は19日午後、ソウル市蚕室(チャムシル) 室内体育館で開催された「第26回ソウル歌謡大賞」で最高アルバム賞、ミュージックビデオ賞、ダンスパフォーマンス賞のトロフィーを獲得した。

この日防弾少年団は、本賞のほか、昨年発表した2ndアルバム「WINGS」で最高アルバム賞、タイトル曲「血、汗、涙」でミュージックビデオ賞とダンスパフォーマンス賞を受賞した。

「A.R.M.Y(ファンクラブ名) 最高」と話し始めた防弾少年団は、「昨年、青春(若者) というテーマでたくさんの愛をもらった。最近は特に若者は大変だと思っている。内的に外的に厳しい状況なのに、僕たち防弾少年団としてできることは、この時代を生きていく青春(若者) として、若い人達の話をして、音楽のメッセージとしてパフォーマンスを通じて見せなければと考えている」と述べた。

防弾少年団は続けて「今後も、素敵な音楽、パフォーマンスを見せたい」とし「今年2017年は、青春(若者) がたくさん笑うことができる1年になって欲しい」と付け加えた。

昨年「血、汗、涙」で“旬なアイドル”の座に登りつめた防弾少年団は、2月のカムバックを目標に準備中である。

 記者 : ソン・イェジ、翻訳 : 前田康代