キム・ミョンミン&ピョン・ヨハン主演映画「一日」6月の韓国公開を確定…予告ポスター公開

写真=「一日」ポスター

映画「一日」(監督:チョ・ソンホ) が6月の韓国公開を確定した。

一日が繰り返される2人の男の極限の時間をすべて収めた予告ポスターが公開された。むごい事故現場の中、2人の男の一日が毎回違って繰り返されている。彼らは同じ姿で事故現場に向かい、どこかに急いで電話をかけ、被害者を気にかけながら、むごい一日を変えようと自分でできることは何でもする。

「一日」は、毎日目を覚ませば娘が事故に遭う2時間前を繰り返す男が、どうもがいても変わらない時間の中に閉じ込められたもう1人の男と出会い、その日にまつわる秘密を追って行くミステリースリラー映画だ。

世界で活動している医師ジュニョン(キム・ミョンミン) は、目を覚ますと娘が事故に遭う2時間前に戻り、毎日娘のむごい事故を目撃しなければならない。娘の事故を防ごうと必死に死闘を繰り広げるが、一日の終わりは変わらず、最悪の痛みが繰り返される“終わらない地獄に閉じ込められて”しまう。そんなある日、彼のように地獄のような一日を繰り返しているもう1人の男ミンチョル(ピョン・ヨハン) を発見する。

娘の恐ろしい事故が繰り返される男ジュニョンと、その一日に閉じ込められたもう1人の男ミンチョルは、忠武路(チュンムロ:韓国の映画界) 演技の神、キム・ミョンミンとピョン・ヨハンがドラマ「六龍が飛ぶ」以来再び会い熱演を繰り広げる。演出を引き受けたチョ・ソンホ監督は「キム・ミョンミンは、ジュニョンがどんな人物か、何を表現しなければならないかを直感的に知っている」と彼の演技を絶賛し、「ピョン・ヨハンは、ミンチョルが感情を激しく表現しキャラクターのエネルギー消耗が大きいはずなのに、疲れも見せずそれ以上のアイディアを提案し人物を作っていった」と称賛を惜しまなかった。

「一日」は韓国で6月に公開される予定だ。

 記者 : チョ・ヒョンジュ、翻訳 : 前田康代