チ・チャンウク&チェ・テジュン「怪しいパートナー」スチールカット公開…“弁護士として再会”

写真=SBS「怪しいパートナー」

「怪しいパートナー」でチ・チャンウクが、チェ・テジュンの歓迎に不機嫌そうな表情を浮かべた。

SBS水木ドラマ「怪しいパートナー」側は本日(15日)、ノ・ジウク(チ・チャンウク) とチ・ウンヒョク(チェ・テジュン) が弁護士として再会する様子を収めたスチールカットを公開した。

公開されたスチールカットでは、“ピョンアンドパートナーズ”法律事務所の弁護士で、新たなスタートを始めたジウクの姿が収められている。“ジウクバラギ(ジウクだけを見ている事)”と呼ばれるほど、ジウクと再び仲良くなることを望んでいたウンヒョクは、ジウクの法律事務所への初出勤を祝うために一人でサプライズ歓迎式を行った現場も収められている。

ウンヒョクはジウクのオフィスにこっそり隠れ、ジウクがオフィスに入るとすぐさま明るい表情でクラッカーを鳴らし、両手を広げ彼を歓迎している。ジウクはびっくりして肩をすくめ、舞う紙吹雪の中でウンヒョクを見つめている。

ジウク、ウンヒョク、ヨンヒが一堂に集まった様子も見られる。ウンヒョクとヨンヒの間でジウクは、自身の耳を両手で防ぎ苦しそうにしている。

「怪しいパートナー」側は、「次の放送では、ノ・ジウクがチ・ウンヒョクと共に法律事務所の弁護士として新しい生活を始める姿が公開される予定だ。弁護士になったノ・ジウクの様子、ノ・ジウク、チ・ウンヒョク、ピョン・ヨンヒの3人が法律事務所の中で色んなエピソードを通して展開するケミ(ケミストリー:相手との相性) も期待して欲しい」と伝えた。

「怪しいパートナー」は、検事ノ・ジウク(チ・チャンウク) と司法研修院生ウン・ボンヒ(ナム・ジヒョン) が不可解な事件を経て、互いに惹かれていくロマンスドラマだ。「怪しいパートナー」は、韓国で毎週水、木曜日の夜10時から放送されている。

 記者 : キム・スギョン、翻訳 : 前田康代