KangNam、M.I.Bとして共に活動したYoung Creamを応援…音楽番組の収録現場を訪問

写真=KangNamのSNS

M.I.B出身のYoung CreamとKangNamが、M.I.B解散後も変わらない絆を誇示した。

KangNamは最近、自身のSNSに、チーム解散後ソロと歌手して活動しているYoung Creamを応援した。

彼は「Young Creamが音楽番組に出演するので会いにきました。たくさん応援してください。ファイト!」という文章と共に仲良く撮った写真をアップロードした。

Young Creamの所属事務所は、「Young Creamの音楽番組出演を聞いたKangNamが、当たり前のように放送局に来てくれた」とし、「応援と激励だけでなく、ステージのリハーサルやモニタリングまで一緒にしてくれた」と伝えた。続けて「互いの存在だけでも心強い。Young Creamがより良い姿でステージに立てるよう、細かいところまで真剣に会話を交わしていた」と伝えた。

Young Creamの新曲「夜だったら」は、母親との実際の会話からインスピレーションを受けて作った歌だ。夜の夢幻的な雰囲気を盛り込んだゆっくりとしたテンポのリズムと、温かいシンセのサウンド上に、リフレイン(繰り返し) のメロディーが特徴だ。

Young Creamは「夜だったら」で活発な活動を続けている。

 記者 : キム・ハジン、翻訳 : 前田康代