「プロデュース101」シーズン2の最終回で脱落したチュ・ハクニョン、ファンと練習生への直筆手紙公開

所属事務所SNS

「プロデュース101」シーズン2の参加者チュ・ハクニョンが手書きで心境を伝えた。

チュ・ハクニョンは17日、CrekerエンターテインメントのSNSを介して、応援してくれた国民のプロデューサーに伝える短い感謝の直筆メッセージを公開した。

チュ・ハクニョンは「私を愛してくれた皆さんに感謝する」と伝えた。

続いてチュ・ハクニョンは、「101人の練習生の兄さん、弟、友人、今はプログラムが終わって別れるが、101人全員が別の場所でよりかっこいい姿でお会いしたい」と願った。

また、「番組の中間で未熟なところを見せてしまった。そのような部分は、今後更に直して応援してくださる方々の期待に応える」と念を押した。

チュ・ハクニョンは済州島(チェジュド) 出身という履歴と特有の純粋で明るいエネルギーで反応を得た。韓国で16日に放送された「プロデュース101」シーズン2最終回で19位となり、惜しくもデビューチームには合流できなかった。

所属事務所SNS

 記者 : キム・ハジン