INFINITE エル「キム・ミョンスとしてもエルとしても、多くの人に認められたい」

2010年にアイドルグループINFINITEで活動を始めたエルは、デビューとほぼ同時に演技活動を始めた。以後、芸能界で歌手活動と演技を併行する代表的な“演技ドル(演技するアイドル)”に位置付けた。「勉強の神」「美男(イケメン)バンド」「ママが何だって」「僕にはとても愛らしい彼女」等の色々な作品を通じて経歴を積んだ。特に、最近韓国での放送が終了したMBCドラマ「君主」を通じて、自身の真価を証明してみせた。アイドル歌手INFINITEのエルと、演技者キム・ミョンスの間で中心を失わず、自身の夢を一つずつ成し遂げていく26歳の青年、エル。

――「君主」放送終了の感想は?

エル:1月からほぼ7ヶ月間撮影したが、俳優およびスタッフとの情が沸いた。初めての時代劇だったからか、悔しさがたくさん残る。

――デビュー後、着実に演技活動をしてきたけれど、時代劇は初めてだった。どうだった?

エル:撮影に入る前からリーディングをすごくたくさんした。台本が5部出る度に、俳優が皆集まってリーディングをした。そのせいか互いにより早く親しくなれたし、実際に撮影でもぎこちなさもなく演じることができた。映画「王になった男」を見て時代劇に対してたくさん勉強したが、すごく役に立った。もし今後また時代劇の作品が入ってきたら、またやりたいと思うほど現場がとても良かった。

――ユ・スンホ、キム・ソヒョン、ユン・ソヒなど同じ年頃の俳優と呼吸を合わせた。

エル:スンホとソヒョンは、あまりにも幼い時から演技をしてきた子達だけに、初めは一緒に演技するということが不思議だった。彼らは経験も多く、撮影現場に対して知っていることも多いので、二人を見ながらすごく勉強になった。

――俳優達とプライベートで会って親交を深めたりした?

エル:スンホとは猫の話をしてすごく親しくなった。スンホも僕も猫を育てていて、猫に対する情報をたくさん共有した。毛の管理はどうしているかから、おやつは何が良くて砂は何を使ってるのかなど、些細な話を交わした。やっぱり共通の関心事が同じだから、すぐ親しくなることができたようだ。

写真=10asia

――賤民イ・ソンのキャラクターに感情変化が多く、劇が進行するほど性格変化が大きい人物だけに、すごく難しかったと思う。

エル:まず子役から成人までこなさなきゃいけなくて。他のキャラクターと違って、賤民から王になる身分変化がある為に、気を遣わなければならない部分が多かった。監督や作家の方とたくさん話をして、イ・ソンというキャラクターを作っていった。賤民から偽物の王になった時は、萎縮して堂々としていられない姿を表現しようとしたし、後ほど劇が進行し、次第に自信を持ち堂々としているようになる王の様子を表現しようと努力した。

――「君主」OST(挿入歌) にも参加したね。自身が出演する作品の挿入曲を歌う気持ちは格別なんじゃないか。

エル:過去出演したドラマ「美男(イケメン) バンド」以後、5年ぶりにOSTを歌った。僕が演じるキャラクターに対してよくわかっているし、ドラマに没頭している状態なので、歌を歌いながらもよく集中出来た。OST録音後、演技しながら歌詞を思い出すと、何故か演技もさらにうまくいく気がした(笑)

――代表的な演技ドルに挙げられるね。演技ドルに対する人々の先入観を意識しないわけにはいかないだろうけど?

エル:人々の先入観自体は仕方ない部分であると思う。良い姿を見せ続けていれば、そんな先入観は自然になくなると思っている。上手くできなければ叱責を受けるのは当然だ。代わりに良い姿を見せれれば、先入観を持っていたとしても「思い違いだったんだな」って気づかせることができる。以前は人々の視線や評価が気になったが、僕がちゃんとしていれば心配することはないことに気付いたんだ。

――アイドル活動と演技を併行することは容易ではないと思うが。

エル:アイドルとして舞台で表現する時と、演技者として作品で表現する時ははっきりと違った魅力を感じる。エルという仮名でステージに上がってパフォーマンスをしたと思えば、キム・ミョンスとしては演技をしてみたかった。写真を取るのが趣味なんだけど、歌でも演技でも写真でも、多様なジャンルで多くの人に認められたいという欲がある。

写真=10asia

――デビュー8年目だ。いつのまにか先輩の位置に立つことになった感じはどう?

エル:ほぼ2年前から音楽放送や現場に行けば、僕らが一番の先輩であることが多かった。新人の時には少女時代、SUPER JUNIOR先輩などを見ながら、同じステージに立つことだけでも光栄だと思った。これからは僕らを見て、そんな風に思う後輩もいるだろうなと思うと、格別な気分だった。後輩が一生懸命に活動する姿を見てたくさん刺激を受ける。恥ずかしくない先輩になれるよう、着実に発展する姿を見せようと一生懸命に努力している。

――休みの時はどのように時間を過ごすの?

エル:ほとんど家で時間を過ごす。猫と遊んだり、溜まったドラマと映画を一気に見る。掃除して整理するのが好きなので、掃除もしょっちゅうする。不思議だけど掃除するところがなくても何故かずっとしてしまう(笑) これ以上綺麗にしようがないのに、ずっと整理しなきゃいけないような気がする。一つのことにハマると抜け出せない性格だからじゃないかな。

――今後の活動計画は?

エル:今していることに集中しようと思う。「君主」が終わった以後の活動はまだ確定してないけど、個人としてもINFINITEとしても、色々な活動を計画している。下半期にも多くのことがあるだろうけど、良い結果であったら良いな。

 記者 : イ・ウンジン、写真 : チョ・ジョンウォン、翻訳 : 前田康代