“デビュー”Wanna One「常に努力して、謙虚な心を守るグループになりたい」

切実な夢が叶った。Mnet「プロデュース101」シーズン2を通して、国民プロデューサーに選ばれた11名の少年たちが今月7日、プロジェクトグループWanna Oneという名でデビューした。デビューアルバム「1X1=1(TO BE ONE)」を発売し、これからタイトル曲「Energetic」で活発に活動する。

最初のステージは7日の午後8時ソウル市九老(クロ) 区高尺洞(コチョクドン) で開かれた、「Wanna One Premier Show-Con」を通して披露した。デビュー曲「Energetic」のパフォーマンスが初めて公開された。この日“超豪華デビューステージ”を控えたWanna Oneに出会った。

――デビューの感想は?

パク・ウジン:遠いことだと感じていたデビューが目の前に近づいてきた。準備をしながらも信じられなかった。もうすぐ最初のスタートだ。最初が肝心だという思いで、一生懸命活動したい。

――アイドルたちの「夢のステージ」と呼ばれる、高尺(コチョク) スカイドームで、デビュー後初のステージを行うことになった感想は?

ハ・ソンウン:高尺ドームには防弾少年団の先輩たちのコンサートを見に来た事がある。(当時) 僕はいつになったら高尺ドームに立つことが出来るのかと思っていたけど、早く立つことが出来て夢のようだ。一生不可能だと思っていた経験が出来てまだ実感が湧かない。リハーサルの時には緊張した(笑)

ファン・ミンヒョン:高尺ドームという大きなステージに立つということ自体考えたことがない。すごく緊張するけど、僕たちのデビューを祝うために来てくださったたくさんの方々のために一生懸命踊り、歌うつもりだ。楽しい思い出を作りたい。

――「1X1=1(TO BE ONE)」というデビューアルバムの名前が独特だが。

ユン・ジソン:「君(1) と私(1) が出会って(×) ひとつ(=1) となるトキメキの始まり」という意味で、「11人の少年たちが一緒に頂上に向かって(TO BE ONE) 行く」という抱負を込めた。

――タイトル曲「Energetic」はファンたちの投票で決定したが、満足しているか。

ユン・ジソン:「Energetic」と共に候補曲「Burn It Up」があった。数曲の中でWanna Oneに似合う曲がどんな曲か悩んだ。「Energetic」と「Burn It Up」はカラーが全然違う。僕たちの相反する魅力をお見せできそうで、候補として選ばれた。

キム・ジェファン:2曲ともとてもよかった。「Energetic」が選ばれてより嬉しかった(笑) 僕がWanna Oneのボーカルなので、「Energetic」では高音やアドリブパートが多いので、僕の魅力をたくさんお見せできると思う。

――Mnet「プロデュース101」シーズン2が終わってからも「投票システム」は続いているけど?

ファン・ミンヒョン:以前は投票で競争したけど、今はWanna Oneとして一つになるための過程だ。だから今している投票はファンたちと僕たちを楽しませる方法の一つだと思う

――デビューアルバムの予約注文数が50万枚を超えた。EXO、防弾少年団に続く記録だとか。

オン・ソンウ:普段からEXO、防弾少年団先輩たちを教科書のように思い、先輩たちのステージを通してたくさん学んだ。先輩たちの後に続く記録を立てたということ自体が光栄だ。よい姿をお見せしたい。

――人気は実感した?

オン・ソンウ:アルバムを準備してスケジュールを消化するために、たくさん実感することは出来なかった。「プロデュース101」シーズン2の最後の放送が終わり、母親に「息子がこんなに愛されてる」ということを見せるために一緒に外出したことがある。その時にたくさんの方々が自分に気づいてくれて少しだけ実感した。

――カン・ダニエル:「プロデュース101」シーズン2の後、僕の生活が180度変わった。いまだに夢のようだ。母が知人たちに僕の自慢をたくさんしている。以前は僕の話はあまりしなかったけど、僕をたくさん褒めてくれて気分がいい。

――Wanna Oneが立てた記録の中で最も驚くのは?

イ・デフィ:「プロデュース101」シーズン2のファイナルステージで僕たち11人が受けた得票数だ。たくさんの方々が投票してくださって応援してくださったので今のWanna Oneがある。

――熱い人気の理由は?

ファン・ミンヒョン:僕たちが「プロデュース101」シーズン2というサバイバル番組を通してWanna Oneというグループになることが出来た。辛くて難しい過程の中で、僕たちの情熱と努力をお見せした。たくさんの方々がそこで僕たちを応援したいという気持ちを持ってくれたんだと思う。

――Wanna Oneはそれぞれ違う所属事務所から集まった11名から成り立っている。どんなカラーを出したい?

ファン・ミンヒョン:明るくて親近感のあるイメージのチームになりたい。音楽、パフォーマンス以外にも様々な活動をお見せしたい。

――Wanna Oneの目標は?

ユン・ジソン:お互い違う会社から集まったので、僕たちメンバーで最高の相乗効果を出すのが目標だ。

――チームワークはどのように強くするのか?

ユン・ジソン:対話をたくさんする。兄と弟(年齢) に関係なく、定期的に集まって話をする。問題が生じればすぐに対話で解決しようとするタイプだ。お互いについて知る努力をしている。

――キム・ジェファンはWanna Oneデビューで「個人練習生の奇跡」を成し遂げたが?

キム・ジェファン:小さい頃から歌手を夢見て、挑戦してきた。失敗もしたし、それを通して成長もした。諦めずに挑戦し続けていたら、よいチャンスに恵まれた。僕のような個人練習生に、夢は叶うものだから、あきらめずに挑戦して欲しいと伝えたい。

――他の「プロデュース101」シーズン2の同期たちの活動も見ているか?

ライ・グァンリン:僕と同じ会社(CUBEエンターテインメント) の(ユ)ソンホはまだデビューしていないけど、インタビュー、放送出演などで一生懸命活動している。いつもよく見ている。ソンホも僕を見守ってくれてると聞いた。携帯がないのでまだ連絡が出来ていない。

――最後にWanna Oneとしての覚悟を一言。

Wanna One:僕たちを信じて選んでくださったからにはWannable(Wanna Oneのファンクラブ名) や人々から愛されるグループになりたい。常に努力して、謙虚な心を守るグループになりたい。

 記者 : 記者:ソン・イェジ、写真:イ・スンヒョン、翻訳:前田康代