「プロデュース101」出身チュ・ハクニョン所属THE BOYZ、リアリティ番組「イケメン軽食店」反省会を開催(動画あり)

写真=NAVERのライブ映像配信アプリ「V LIVE+」キャプチャー

新人グループTHE BOYZが昨日(23日)、MBC MUSICで初放送された単独リアリティー番組「イケメン軽食店」を鑑賞した後「不思議だし、じーんと来た」とその心境を明らかにした。

この日、THE BOYZは「イケメン軽食店」第1回が終わった後の午後10時、NAVERのライブ映像配信アプリ「V LIVE+」を通して「TVに僕たちが出るのがとても不思議で、変な感じだった」と感動する姿を見せた。

一番年上のサンヨンはそう言いながらも、童謡の「テレビジョン」を歌い、雰囲気を盛り上げた。ファルは「撮影の時も楽しかったけど、放送で見るとまた違う感じだった」と不思議がった。

ソヌとケビン、ニュー、キュー、エリックなどは、第1回の前半に挿入されたメンバーの過去のオーディション映像、練習映像について話し「胸がジーンとして、悲しかった。目頭が熱くなった」と口を揃えた。特に、キューは感情があふれ出し、少しの間言葉が出来ずにいたが「来週の放送ももっと期待して欲しい」と話した。

その反面ヨンフンは「僕の顔がTVに映って不思議だったけど、心残りもあった」と話し「もう少し面白く出来たのに」と、バラエティーに対する欲を見せ、笑いを誘った。第1回から驚くべき大食いっぷりを見せたチュ・ハクニョンは「たくさん食べたとは思わなかったけど、(放送を見て) たくさん食べていて、不思議だった」と天然な感想を話し笑わせた。

またジュヨンとジェイコブは「面白くないか心配したけど、幸い面白くなりそうだ」とし「来週も本放送を視聴して欲しい」とファンに要請した。

THE BOYZの「イケメン軽食店」は、THE BOYZが実際にシェフに料理の講習を受け、数日間自ら軽食店を運営しながら繰り広げられる内容を描いた、リアリティーバラエティーだ。毎週水曜日午後8時30分に韓国で放送される。

 記者 : ソン・イェジ、翻訳 : 浅野わかな