「プロデュース101」出身クォン・ヒョンビン&高田健太らで結成したJBJ、デビュー控え直筆メッセージで心境伝える

写真=ノ・テヒョン Instagram

「プロデュース101」シーズン2の人気練習生が集まったボーイズグループJBJのメンバーが広告パネルにそれぞれポストイットを貼り、デビューが間近に迫っていることを知らせた。

JBJのメンバーであるノ・テヒョン、キム・サンギュン、キム・ヨングク、高田健太、クォン・ヒョンビン、キム・ドンハンは、23日にJBJの広告がかかった三成(サムソン) 駅にお忍びで訪れ、デビューまであと少しだという内容のポストイットを残した。キム・テドンのみ事情があって参加できなかった。

写真=インターネット掲示板

ノ・テヒョンは「本当にありがとうございます。一生懸命頑張ります。僕たちを応援よろしくお願いします」とコメントを残した。高田健太はポストイットを通してファン達に「少しだけ待って欲しい、いつも感謝している」という気持ちを伝えた。

キム・サンギュンもまた「いつもありがとうございます」というコメントをハート付きで書き、感謝の気持ちを表現した。キム・ヨングクは「JBJを応援してくださるファンの皆さん! 僕たちがついにデビューします。これはすべて皆さんのおかげです。いつも感謝してるし、愛してます」と書き、ファンへの愛情を明らかにした。

クォン・ヒョンビンは「JBJのクォン・ヒョンビンです」と自身を紹介し、「皆さんの愛を忘れずに、よい音楽で愛と共に戻ってきます」と書き、遠くないデビューをほのめかした。キム・ドンハンは「『Just Be Joyful』は夢が現実になる呪文だ」と言い、「雑草のように生き残ることは出来なかったけど、死に行く雑草に水をくださってありがとうございます」と重ねて感謝の気持ちを強調した。

JBJはMnet「プロデュース101」シーズン2の練習生の中からファンが選んだ仮想のドリームチームだ。「本当に望ましい組み合わせ:Just Be Joyful」の略語で、ファンの声援に応えるプロジェクトグループとしてデビューを準備中だ。現在、アルバムの準備に拍車がかかっている。

 記者 : キム・スギョン、翻訳 : 浅野わかな