VIXX レオ「ラビは信じて任せられる作曲家…一度も嫌だと思ったことはない」

写真=NAVERのライブ映像配信アプリ「V」

VIXXのレオがラビのことを「信じて任せられる作曲家」と評価した。

VIXXのユニットVIXX LRは28日午後、2ndミニアルバム「Whisper」の発売記念ショーケースを開いてファンたちと疎通した。これはNAVERのライブ映像配信アプリ「V」を通じて、生中継された。

進行を引き受けたタレントのキム・シニョンは、「普段の音楽の作業法とは何が違うの?」と尋ねた。

レオは「リフレインのメロディーを作って、ラビに聞かせたら曲が完成する」とし「ラビは、全部作った後に聞かせる。一度も嫌だと思ったことはない。だから信じて任せられる」と説明した。

ラビは「そう思ってるとは知らなかった。録音する時いないから、特に何も思わなかった」と笑った。これを聞いていたレオは「初めて作詞・作曲した『冷たい夜に』から、ラビを信じるようになった」と回想した。

この日、午後6時に公開されたVIXX LRのニューアルバムのタイトル曲「Whisper」は、ラビが作詞・作曲したヒップホップジャンルの曲だ。一段と成熟したレオ、ラビの魅力を垣間見ることができる。

 記者 : キム・ハジン、翻訳 : 前田康代