TOP SECRET「僕たちはK-POP界のエリート生徒会です!」

(左から) TOPSECRETのヨハン、アイン、ヨンヒョン、キョンハ、ウヨン、ジョンフン、ケイ

今年1月発表したデビュー曲「She」では、学校に入学したばかりの新入生の覇気を込めた。5ヶ月後に披露した2ndミニアルバムのタイトル曲「MIND CONTROL」では、学校に完璧に適応した2年生の溢れるエネルギーを発散した。

「学校3部作」の最後のアルバムを準備中のTOPSECRET(アイン、ケイ、ヨンヒョン、ヨハン、ジョンフン、ウヨン、キョンハ)。デビュー8ヶ月目のKポップ新入生であるTOPSECRETは、自分たちを「エリート生徒会」と比喩した。それぞれ他の分野のエリート少年が集まり、音楽界で特別な存在感を表す兆しだ。

――先月30日に韓国国内で初単独ファンミーティングを開催したが、感想は?

キョンハ:「MIND CONTROL」活動が終わり、ファンに会いたくて準備した場だった。ステージで見せられなかった、メンバーそれぞれの魅力をお見せしようと準備をたくさんした。

アイン:TOPSECRETとHANA(ファンクラブ) の最初の出会いだったので、やりたい事がたくさんあった。元々1時間程度の予定だったけど、メンバーがやりたいことをすべてセットリストに入れたので、2時間半を超えてしまった(笑)

――4日からは東京、名古屋、大阪でコンサートツアーを行っている。日本での人気の秘訣は?

ケイ:韓国でデビューする前から日本で活動してきた。日本ではTOPSECRETを“皆さんの野獣”と紹介する(一同笑) 韓国での爽やかなイメージとは相反するコンセプトで活動している。

――デビュー後、約200日が過ぎた。振り返るとどんな時間だった?

ヨンヒョン:夢のような時間だった。短かったけれど経験も積んでノウハウも得た。音楽番組のステージでカメラを探すこととか、致命的な表情をする方法、大きく挨拶することなど、大小さまざまなノウハウを得た。これを土台として、これからもよりカッコいい魅力をお見せしたい。

アイン:デビュー前にメンバー同士で「音楽チャート100位以内に入ってしまったら涙が出そう」と話していた。「10位以内に入ったら、僕たち必ずパーティーしよう」と約束したりもした。デビュー曲「She」がMnet「M COUNTDOWN」で8位まで上がった事がある。ランクインするのは大変だと思っていた目標に到達したことが不思議で、達成感も半端なかった。これからも夢を一つずつ叶えていきたい。

ウヨン:デビュー200日に、メンバーがそれぞれNAVERのライブ映像配信アプリ「V LIVE+」で生放送をした。その時たくさんのことを考えた。練習生の時、デビューした時、そして現在まで、どんどん成長している。頑張った甲斐がある。皆よりカッコよくなってる気がするし(笑)

――チーム名が独特だけど、初めて聞いた時の印象は?

ヨハン:驚いた(笑)

アイン:今は独特な名前が武器になってるようで好きだ。

キョンハ:メークアップとヘアスタイリングを完璧にして外に出ると、僕たちに「誰なの?」と聞いて来る人たちがいる。「TOPSECRETです」と答えると「名前も教えてくれないのか」って言われて、困惑したりした。ハハハ。今はそんな誤解も、TOPSECRETをもう一度記憶してもらうことができる機会だと思っている。

――デビュー後に一番不思議だった経験は?

アイン:歌手を夢見て、憧れていた先輩方を直接見たこと。先輩の公演を目の前で見られて、不思議だった。

――メンバーの中にWonder Girls、VIXX、防弾少年団のファンがいるとか?

アイン:中学2年の時から、Wonderful(Wonder Girlsのファンクラブ) だった。特にイェウン先輩が好きだった。練習生の時にもらったサインCDを家に大事にとってある(一同笑)

ヨハン:僕はVIXX先輩のファンだ。音楽番組の楽屋で先輩を見かけたのだが、先輩が忙しすぎて挨拶も出来なかった。残念だったけど、9月に日本で開かれる「10th Anniversary KMF 2017」に一緒に参加する。期待している。

ヨンヒョン:僕も音楽番組で防弾少年団先輩を見たことがある。ステージの上で待機している先輩をぼーっと見ていて、自分の番も忘れるところだった(笑)

写真=JSLカンパニー

――1stアルバムに続いて、2ndアルバムの活動が終わって得たものは?

アイン:体力がついた。「MIND CONTROL」の振付をMnet「プロデュース101」シーズン2のダンストレーナーだった、クォン・ジェスン団長が作った。4分間、休む所がどこにもない(笑) 練習だけでも100回以上したので、体力がかなりついた。

ジョンフン:ステージでエネルギーをより発散できるようになった。デビュー曲「She」に比べて「MIND CONTROL」はとてもノリノリな曲だ。ステージで僕が本当にノリノリにならなければ、見ている人も盛り上がれない。だからメンバー同士でよく合わせて、僕たちのノリとエネルギーをたくさん見せるようにした。

ウヨン:アルバム全曲のラップの歌詞をメンバー自ら書いた。僕たちが書いた歌詞でステージに上がったので、表現力も豊かになり、とてもタメになった。僕たちの作品が一つずつ増えていく気分でとても満足だった。

――音楽界を学校に例えるなら、TOPSECRETはどんな学生?

ヨハン:「エリート生徒会」だ。それぞれ違う分野で、(TOPSECRETのチーム名のように) トップクラスのメンバーが集まった。ハハ。そして生徒会長、体育部長、応援隊長の役割をするメンバーもいる。

――「エリート学生会」でのメンバーそれぞれの役割は?

ヨンヒョン:模範生!(笑)

ウヨン:運動が好きなので体育部長がしたい。

キョンハ:他の星から来た学生?(笑) 考え方が他人とは少し違う。

ヨハン:キョンハは独創的なアイディアを出す方だ。TOPSECRETを綺麗に飾ってくれる美化部長が似合いそう。

ジョンフン:TOPSECRETではリーダーじゃないけれど、僕が生徒会長をやるよ(一同笑)

アイン:自由奔放な学生だ。実際学校に通っている時、補習授業を受ける代わりにダンスを踊りに行った。もちろん先生の許しを得て!

ヨハン:実際に応援隊出身だ(笑) TOPSECRETでもメンバーの面倒をよく見ている。

ケイ:やりたいことは必ずする学生?(笑)

ジョンフン:チームで一番年上なのに、末っ子みたい。

――これから聞かせたい音楽は?

ヨハン:もうすぐ夏が終わって秋、冬になるけれど、季節に合わせて叙情的な音楽を出すのもいいと思う。デビューアルバムの収録曲「Without You」「Don’t Call My Name」のような雰囲気の曲だ。1stアルバムの時は清純で、2ndアルバムはハツラツなコンセプトで活動したので、また違うカラーをお見せしたい。

ヨンヒョン:自作曲も披露したい。最近メロディーが思い浮かぶ度に、携帯に録音している。

アイン:メンバー皆作詞・作曲にとても関心がある。各自作業しているものがある。いつかアルバムに収録されるよう願っている。

――3部作を締めくくるニューアルバムはどこまで準備が出来ているか?

ヨハン:ファンの声援と期待に応えるために、様々な作業を行っている。TOPSECRETがとてもネタバレが好きで(笑) 具体的なことが決まると、SNSを通してヒントを出すようにしたい。

――これから叶えたい目標は?

ヨハン:デビューした時に話したことがある。新人賞受賞、バラエティ番組出演、今年アルバムを4枚発売、音楽番組に多数出演、アイドルの友達を作ることなどだ。今まで約200日間の音楽番組出演とアイドルの友達を作ることには成功した(笑) 年末まで残りの夢も叶うんじゃないかな。

――どんなバラエティ番組に出演したい?

アイン:練習生の時から、KBS 2TV「国民トークショー アンニョンハセヨ」を第1回から見ている。視聴者の悩み相談をしてくれる番組なのだが、その現場に参加してみたい。あと、MCのイ・ヨンジャ先輩と故郷が同じなので一度会ってみたい(笑)

ヨンヒョン:JTBC「知ってるお兄さん」に出演したら面白いシーンもたくさん作れる自信がある。

ヨハン:チョン・ヒョンドン、Defconn(デフコン) 先輩のファンなので、MBC every1の「週刊アイドル」に出演したい。単独出演じゃなくてもいい。色んなグループと一緒にするコーナー「5959ウチュチュ」に出演したら上手く出来ると思う。

ケイ:tvN「人生酒場」も面白そうだ。お酒はあまり飲めないけど、お酒の場で他の人の話を聞くのが好きだ(笑)

ヨンヒョン:TOPSECRETだけのリアリティー番組も作りたい。

キョンハ:メンバー同士でいる時にだけ出てくる魅力がたくさんあるからね(笑)

 記者 : ソン・イェジ、写真 : イ・スンヒョン、翻訳 : 前田康代