ムン・グニョン主演「ガラスの庭園」10月末の韓国公開を確定…予告ポスター公開

写真=映画「ガラスの庭」予告ポスター

「第22回釜山(プサン) 国際映画祭」の開幕作に選定された映画 「ガラスの庭園」(監督:シン・スウォン) の公開が10月末に確定した。

「ガラスの庭園」側は13日、公開ニュースと共にムン・グニョンの姿が盛られた予告ポスターを公開した。

公開された「ガラスの庭園」の予告ポスターは、イラストで飾られた中に座っている神秘的なムン・グニョンの姿が収められた。“純粋なのは、汚染されやすい”というキャッチフレーズで、映画への好奇心を呼び起こす。

「ガラスの庭園」はベストセラー小説にまつわるミステリアスな事件、そして悲しい秘密を描いた映画だ。一人、森の中のガラスの庭園で葉緑体を利用した人工血液を研究する科学者を盗み見し、緑の血が流れる女性に関する小説を書く無名作家の小説がベストセラーになることで、世の中に明かされる衝撃的な秘密を描く。

ムン・グニョンは、博士課程の研究院生であるジェヨン役を演じた。

「ガラスの庭園」は10月末に韓国で公開する。

 記者 : パク・スルギ、翻訳 : 前田康代