「魔術学校」2PM ニックン、奇跡を呼ぶ癒しの微笑みに“胸キュン”

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。

写真=「魔術学校」キャプチャー

「魔術学校」で2PMのニックンが奇跡を呼び起こす癒しの微笑みを提供した。

本日(14日) 韓国で放送されたJTBCウェブドラマ「魔術学校」第5話では、韓国で暮らして6年目となる、海外に養子に行ったレジデント・ジュン(ニックン) が、ある少女に向かって素敵な微笑みかける様子が描かれる。これは不治の病にかかっていて、いつも死を考える少女に奇跡をプレゼントしたいからである。

ジュンは、マジックを学びたいという理由を、幼い患者に神秘的な体験をさせるため、また奇跡は起きるという希望を伝えるためだ」と述べた。技術では不可能かもしれないが、どうにかしてでも少女に“死”でなく“生”を教えてあげたいという、暖かな魂まで備えた。

また、女友達のウリ(パク・ギュヨン) に素敵なイベントをしてあげたいイ・ナラ(GOT7 ジニョン) は、危険な水中脱出のマジックに挑戦した。

謎だけを残し失踪した兄のケイ(パク・ジュヒョン)を探したいジェイ(ユン・バク)、不治の病にかかった少女に希望を与えたいジュン、研究に向けマジックを科学的に分析したいイ・ソン(カン・ユンジェ) が、魔術学校に集まった。「ここってちょっといい加減だけど、良いかもしれない」というナラの考えの通り、学生を選ぶ基準も、マジックを修練する方法も何か怪しいここで、魔術学校4人組は何を得るのか関心を誘う。

「魔術学校」は月曜から金曜日午前7時、NAVER TVを通して公開される。

 記者 : ノ・ギュミン、翻訳 : 前田康代