IU、涙ながらに「残念」…アルバム発売延期の事情を明かす

写真=FAVEエンターテインメント

歌手IU(アイユー) が故キム・グァンソクさんの「忘れなきゃという気持ちで」を「花のしおり2」から外す理由を明らかにした。

IUは24日午後、ソウル市にある梨花(イファ) 女子大学のサムソンホールで、ファンクラブ“ユエナ(UENA)”と共に、デビュー9周年ファンミーティング「9つのしおり」を開催し、ファンと会った。

今回のファンミーティングは、小劇場コンセプトで、デビュー9周年を迎えたIUとファンが特別な時間を過ごすために企画された。IUは2014年から4年間、毎年デビュー記念日の9月にファンと会い、大小のイベントを行いながら格別な義理を誓っている。

この日IUは、今回のリメイクの作業の過程について「前回『Palette』が期待以上に愛されたが、何故か虚しさが残っていた。そして『花のしおりをやらなきゃな!』という気持ちで作業を始め、尊敬する先輩の曲を扱う過程でヒーリングになった。とても健全に準備したアルバムだ」と紹介した。

IUはこの日ファンミーティングを通して、リメイクした故キム・グァンソクさんの「忘れなきゃという気持ちで」とミュージックビデオをサプライズ紹介し、ファンの関心を引きつけた。リメイクアルバムには収録されなかった曲だったゆえに、ファンも非常に驚いた。歌い終わったIUはこの曲の事情を慎重に話し始めた。

IUは「4月の『花のしおり2』の選曲当時、真っ先にこの曲を選んだ。前回の『花のしおり』のアルバムでもキム・グァンソク先輩の『花』という曲を扱ったように、ファンであるキム・グァンソク先輩の歌は今回も絶対入れようと思っていた。だが最近、ニュースで(故キム・グァンソクさんに関する) 報道を見ながら、非常に悩んだ末、残念ながらこの曲は今回アルバムに収録しないことにした。音楽が音楽として聞こえないかも知れないと思ったのと、音楽の外的な感情により、聴く人々の気分を害するかもしれないと思った」と述べた。

収録曲を新たに並べ替えるのに、アルバム発売の日程を調節することになったIUは、涙ぐみながら再度謝罪の言葉を伝えた。またIUは「1番愛着のあった歌だったので、さらに残念な気持ちだ。もっと良い日、皆が楽しい気持ちでこの歌を聴ける日に、必ず正式にお聴かせしたい」という気持ちを述べた。

IUは22日、3年ぶりのリメイクアルバム「花のしおり2」を発表し、先行公開曲「秋の朝」とタイトル曲「眠れない夜、雨は降って」でチャート1~2位を記録し、秋の歌謡界に“音楽クィーン”IUの底力を確実に証明している。

IU、リメイクアルバム「花のしおり2」が発売延期に…事務所がコメント(全文)

検察、故キム・グァンソクさんの娘の死に関する再捜査に着手

 記者 : ユン・ジュンピル、翻訳 : 前田康代

Tagged