パク・シネ、イメージチェンジを予告「『沈黙』では以前と異なる姿を見せられるはず」

写真=10asia DB

女優パク・シネが「以前とは多少異なる見知らぬ姿を見れるはず」とイメージチェンジを予告した。

パク・シネは27日、ソウル市江南(カンナム) 区にあるCGV狎鴎亭(アックジョン) で開かれた映画「沈黙」の製作発表会に出席し、「ヒジョンは感情の変化が多い人物だ」と説明した。

パク・シネは「ヒジョンが映画で真実を求めていく姿を描く時、どうしたら率直に見えるだろうかと非常に悩んだ。監督が細かい部分をしっかり正して導いて下さった」と打ち明けた。

そして「撮影しながら緊張の日々を送ったが、そのうち『その緊張感を楽しめたら良かったのに』と思った。映画を通じて良いエネルギーを得たし、チェ・ミンシク先輩と一緒にできて光栄だった」と付け加えた。

「沈黙」は、婚約者が殺され、その容疑者に自分の娘が挙がり、娘を無罪にするために独自の方法で事件を追う男イム・テサン(チェ・ミンシク) の話を描いた映画だ。韓国で11月に公開予定だ。

 記者 : イ・ウンジン、翻訳 : 前田康代、写真 : イ・スンヒョン